南区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた 五十嵐 留美子さん 大岡在住 66歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

合唱で情熱届ける

 ○…節目の年を迎えた合唱団に2000年から所属。団長として04年から約12年間、メンバーをまとめてきた。南区コーラス団体連絡会にも所属。役員を10年以上務めている。「サポートしてくれる人もいるので、大変だと思ったことはない」と話す。

 ○…福島県いわき市出身。5人きょうだいの三女として生まれた。「とにかく人見知りだった」という。活字中毒と言われるほど本が好きで、一度読み始めると止まず、周りから名前を呼ばれても聞こえないくらい熱中していた。人見知りを直そうと、アルバイトを勧められたが「電話交換手の仕事だったため、直接人と話すことがなかった」と笑う。高校、大学は茨城キリスト学園で学ぶ。「学校の日課として毎日ミサがあり、賛美歌を歌っていた」と振り返る。大学卒業後は銀行員として東京・日本橋で勤務。結婚後に大岡へ移り住んだ。南小学校のPTA会長時代に保護者による合唱団に入ったことが歌うようになったきっかけ。活動を続けるうちにロンドからの誘いを受けて入団した。

 ○…団長として活動するようになってから「自分で考えて全体を動かすことが多くなった」と話す。ロンドには、子育て中の世代からそれが一段落した世代まで、幅広い年代が所属している。「団員の家庭状況も全く異なる。それらを把握した上で役割を頼んだりすることが重要」と話す。被災地復興にも力を入れており、演奏会では福島の詩人、和合亮一さんを招き、震災への想いを伝えたほか、復興募金を行った。「震災の日になると津波の映像や追悼式の映像が流れる。悲しみや悲惨さを伝えるだけでなく、学んだり考えたりすることが大切」と訴えた。

 ○…夫と2人で暮らす。現在は病気のため休団しているが、週1回のボイストレーニングは欠かさず行っている。団長としての役目は終えたが、合唱団に対する情熱や思いは現在も燃え続けている。

南区版の人物風土記最新6

里見 美紀子さん

みなみ俳句会の代表で、コロナ禍に対応した「通信句会」を行う

里見 美紀子さん

井土ヶ谷中町在住 71歳

6月10日号

島田 秀世さん

5月から南火災予防協会の会長に就任した

島田 秀世さん

蒔田町在住 68歳

6月3日号

小野 健治さん

南防犯指導員連絡協議会の会長で、地域の見守り活動などを行う

小野 健治さん

山王町在住 77歳

5月27日号

栗山 文男さん

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する

栗山 文男さん

六ツ川在住 72歳

5月20日号

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

佐藤 由美さん

自宅で簡単に作れる「おうちパン」の普及に取り組む

佐藤 由美さん

共進町在住 37歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter