南区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

3月25日まで日本画などの個展を開いている 秋元 和夫さん 大岡在住 69歳

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena

生活の中に日本画を

 ○…日本画の中でも女性を描いた美人画や桜などの草木を絵にする花鳥図などの個展を開いている。ほかにも、45年以上続けている写真や自作陶器も展示し、多趣味であることを示す。「美術館でガラス越しではなく、日本人なら生で日本画を見てもらいたい。家に絵を飾れば、それだけで生活が豊かに感じる」と淀みなく語る口調から、自信と信念が伝わってくる。

 ○…鶴見で生まれ育ち、大学卒業後は横浜市役所に入庁。同時に趣味としてカメラを持ち始めた。「それまでお金がなかったので、買えなかったから」と笑顔。特に撮影したのは京都の風景。「神社仏閣をはじめ、古いものが残っている」と日本らしさが感じられる場所の魅力を語る。重さ10kgを超える大判カメラを担ぎ、古都の四季の移り変わりを収め続けた。時にはタクシーを借り上げ、京都を回ったこともある。

 ○…市役所では労働組合の役員をしていたこともあり、2004年の退職後は、産業カウンセラーを目指した。その中で「相手の話や感情を受け止めるには、右脳を鍛えることが大切」と聞き、絵やピアノを始めた。写真撮影で身についた構図は絵に通じるものがあり、腕前はみるみる上達。撮影した女性の写真をアレンジして美人画を描くようになった。「本当は目の前のモデルをスケッチするところから始めたいのだけどね」と笑う。江戸時代を代表する画家・尾形光琳の画風にあこがれを抱く。「いい絵を見れば、いい絵が描ける」が信条だ。

 ○…カウンセラーとしては、主に心の病に悩む人の相談を受ける。「相手の立場で同じ感覚を持つことが大切」。写真や絵と同様に、表面には見えない部分を認識することを意識する。妻も音楽演奏を趣味にするが「私の絵には関心がないみたい」と笑う。「美人画や祭りなど、描きたいものはいっぱいある」。趣味の領域を超え、感性と感覚を磨き、表現し続ける。

南区版の人物風土記最新6

田中 重雄さん

地元産の竹を使って竹細工を作る「竹遊会」のメンバーで、普及活動を行う

田中 重雄さん

永田南在住 77歳

6月23日号

伊草 祥子さん

市立南図書館の司書で、地域で読書の魅力を伝える活動に取り組む

伊草 祥子さん

弘明寺町勤務 28歳

6月16日号

坂本 和枝さん

今年4月から「南区ゲートボール連合」の会長を務め、競技普及に取り組む

坂本 和枝さん

井土ケ谷中町在住 81歳

6月9日号

金子 裕さん

南消防団の本部部長で藍綬褒章を受章した

金子 裕さん

真金町在住 68歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

南太田出身 36歳

5月26日号

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook