南区版 掲載号:2018年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

4月から南消防署の署長に就任した 小出 健さん 57歳

感謝の思いをまちの安全に

 〇…「里帰りしたような気持ちで嬉しい」。係長として1988年から3年半、庶務課長として2008年から2年間勤務した場所に戻ってきた。「地域の方から声をかけていただき、温かいまちだと感じる」と話す。南警察署の若尾康弘署長、南区役所の大木節裕区長とのつながりを大切にしようと、3人の名前の頭を取って「若大将の会」を結成。「私だけ『将』で当て字ですが」と笑う。

 〇…大学生の時、ボランティア活動として、第二次大戦で死亡した日本兵の遺骨を捜索した。「海外を見たいという単純な理由だったが、続けるうちに人の役に立ちたいという気持ちが生まれた」。消防士になり、最初の現場は初冬の夜に住宅が全焼する火事。無我夢中で消火活動に取り組み、朝に鎮火。極限に達した心身の疲れと寒さを町内会による炊き出しが癒してくれた。「その時の感謝がモチベーションになっている」と30年以上の前の経験を忘れない。

 〇…東日本大震災時には、緊急消防援助隊救急部隊の神奈川県隊長として福島で活動。「壊れるはずがない」と信じていた消防団器具置場などが壊れていたことに衝撃を受けた。「自助・共助が大切だと痛感した」。この3年間は金沢消防署の署長としてさまざまな決断を下すトップとしての難しさを経験してきた。

 〇…三浦市で妻、母と暮らす。箱根駅伝を走ったこともある長男は県警、長女は綾瀬市役所に勤務。柔道、空手の経験があり、趣味はキックボクシングなどの格闘技観戦。「礼に始まり、礼に終わる点が良い」という。庶務課長時代に奔走し、寿と大岡の両消防団が統合して生まれた南消防団は、定数に満たない状況。「地域を知る消防団を充実させ、自助・共助力をつけていきたい」と「故郷」の安全を守っていく。

南区版の人物風土記最新6件

金子 みち代さん

中国残留邦人問題に関わり、多くの家族の手助けを行った

金子 みち代さん

8月16日号

白井 勝晃さん

体操の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力するする

白井 勝晃さん

8月2日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

松村 光雄さん

中村地区で認知症に関する啓発活動を行う「キャラバンメイト」を務める

松村 光雄さん

7月19日号

涌井 正夫さん

4月から南消防団の団長を務め、359人の団員をまとめる

涌井 正夫さん

7月12日号

近藤 晋平さん

永田台少年野球部の監督を務め、全国大会へ導いた

近藤 晋平さん

6月28日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉野町で本格クラシック

吉野町で本格クラシック

25日、若手注目弦楽奏者ら

8月25日~8月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク