南区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

横浜型地域貢献企業として10年表彰を受けた横浜植木の社長を務める 有吉 和夫さん 唐沢在勤 71歳

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

歴史背負い、歩み続ける

 ○…創業約130年の横浜を代表する企業のトップを2013年から務める。10年前に始まった「地域貢献企業」で初年度から認定を受け、取り組みを続けた結果、10年表彰を受けた。「長く続いている会社ほど、地域を大切にしている」と力強く語る。創業当初から地域を意識した経営をしてきた自負があるだけに「表彰は通過点」と語る。

 ○…鎌倉で生まれる。1925年から横浜市長を務めた有吉忠一氏の家系。祖父は中国大使。弁護士を目指したこともあったが、勉強は物理が得意で、慶応大学で機械工学を学ぶ。テニスサークルと落語研究会に所属。肝心の勉強は「頭のいい人のノートを借りた方が授業の内容がよく分かった」と笑う。

 ○…商社大手の伊藤忠商事に入社し、アフリカでの仕事を熱望した。子どものころ、近所に来た移動動物園でゾウに乗ったことでアフリカへの憧れが芽生えた。海外留学者を決める社内の選考では、語学が満足にできないのに派遣が決まった。「面接官が書類にあった『落語研究会』を『英語研究会』と間違えたらしい」と笑って振り返る。1980、90年代には同社の基幹地域といえるアルジェリアで勤務。退社後はベンチャー企業を経て、母方と関係のあった横浜植木へ。造園関係は未経験だったが、「造園工事はプラント工事、種や花の販売は卸売と同じ」と商社で培った感覚で経営の指揮を執る。

 ○…「自分のペースで楽しめる」とウォーキングが趣味。気ままに歩き、美術館などへ寄り道も。田園調布の自宅から各地の駅を目指して歩き、合計332駅を訪れた。さらに、東海道や山陽道にも挑み、1日に8時間歩くことも。「疲れてもまた歩きたくなるね」。地域を大切にする企業のトップの歩みは止まらない。

南区版の人物風土記最新6

有賀 和彦さん

4月から南消防団の団長に就任し、藍綬褒章を受章した

有賀 和彦さん

中島町在住 66歳

5月28日号

林 海国(りん かいこく)さん

5月から南消防団に外国籍団員として初めて入団した

林 海国(りん かいこく)さん

白妙町在住 36歳

5月14日号

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を出版した

大場 育子さん

永田北在住 50歳

4月30日号

鐘本 漢威(かんい)さん

井土ヶ谷中町の中華料理店「チャイナ飯店」を経営し、子ども食堂を手掛けている

鐘本 漢威(かんい)さん

永田南在住 33歳

4月16日号

田中 武志さん

3月26日付で南警察署の第80代署長に就任した

田中 武志さん

大岡在住 58歳

4月9日号

東 良暁(ひがし よしあき)さん

野球のBCリーグに新しく参入する「神奈川フューチャードリームス」に入団した

東 良暁(ひがし よしあき)さん

井土ヶ谷下町在住 26歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月28日14:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月28日14:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月27日18:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「早口言葉」の原画展

【Web限定記事】弘明寺の絵本店

「早口言葉」の原画展

30日まで 「魔女の宅急便」挿絵作家

5月21日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク