南区版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

将棋の「アマチュア竜王戦」に神奈川県代表として出場する 小山 怜央さん 大岡在住 24歳

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena

冷静に勝ちを読み切る

 〇…4月、県代表を決める予選で優勝。6月下旬に東京で行われる全国大会に駒を進めた。就職に伴い、故郷の岩手を離れ、春から南区に住み始めたばかり。「岩手と比べて神奈川はレベルが高く、不安だった」と言うが、”神奈川デビュー”でいきなりの優勝。岩手代表として臨んだ2016年のアマ竜王戦は無念の準Vだっただけに、「全力を出し切れば」と頂点を目指す。

 〇…小学2年生の夏、入院し、病院での生活を余儀なくされた。それまで家ではゲームばかりやっていた少年に母親が将棋セットを用意した。瞬間的な楽しさを享受できるゲームに比べて地味な印象の将棋。当初は戸惑ったが、地元の将棋道場に通い始めるのと同時にインターネットを使った対局で力を付け、楽しさを覚えた。「勝つことが好きだった」。5年生で岩手県代表、中学1年の時には全国3位に入った。

 〇…高校2年生の時、東日本大震災で自宅が津波に飲まれた。避難所では父親のノートパソコンでネット対局をすることで心を落ち着けた。岩手県立大時代は学生名人など、主要タイトルを総なめ。「初めての全国優勝は忘れられない」という。15年にはアマ名人戦を制し、ハンデ戦ながらも当時の羽生善治名人と戦った。「オーラに圧倒された」。結果は完敗だったが、これまでにプロ棋士からは2勝(8敗)を挙げている。

 〇…春からシステムエンジニアとして働く。昨今の将棋ブームで「自己紹介がしやすくなった」と笑う。「論理的に組み立てていくところは仕事も将棋も同じ」と冷静に分析して語る。得意な戦法はオーソドックスな「居飛車」。「この指し手は自分のものだと言われるようにしたい」と語る24歳は勝気な性格でアマの頂点を目指し、自らの勝利を読み切ろうとしている。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

伊東 晃さん

南区老人クラブ連合会の会長を務める

伊東 晃さん

六ツ川在住 78歳

9月19日号

鈴木 緑さん

保健活動推進員を30年続けて市から表彰された

鈴木 緑さん

三春台在住 75歳

9月12日号

石井 奈津希さん

「全国高等学校フラ競技大会」で優秀賞に選ばれた関東学院中高ダンス部の顧問を務める

石井 奈津希さん

三春台在勤 36歳

9月5日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

8月29日号

柴田 浩一さん

横濱ジャズプロムナードプロデューサーで、『ビッグバンド大事典』を出版する

柴田 浩一さん

六ツ川在住 72歳

8月22日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレントとして活躍する

出川 哲朗さん

55歳

8月8日号

加藤 将斗さん

中学生硬式野球の全国大会に出場する「横浜南ボーイズ」の監督を務める

加藤 将斗さん

庚台在勤 47歳

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    9月19日22:33更新

  • 9月19日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月16日19:30更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和楽器 親子で体験

和楽器 親子で体験

23日、箏や琵琶を知る

9月23日~9月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク