南区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

将棋の「アマチュア竜王戦」に神奈川県代表として出場する 小山 怜央さん 大岡在住 24歳

冷静に勝ちを読み切る

 〇…4月、県代表を決める予選で優勝。6月下旬に東京で行われる全国大会に駒を進めた。就職に伴い、故郷の岩手を離れ、春から南区に住み始めたばかり。「岩手と比べて神奈川はレベルが高く、不安だった」と言うが、”神奈川デビュー”でいきなりの優勝。岩手代表として臨んだ2016年のアマ竜王戦は無念の準Vだっただけに、「全力を出し切れば」と頂点を目指す。

 〇…小学2年生の夏、入院し、病院での生活を余儀なくされた。それまで家ではゲームばかりやっていた少年に母親が将棋セットを用意した。瞬間的な楽しさを享受できるゲームに比べて地味な印象の将棋。当初は戸惑ったが、地元の将棋道場に通い始めるのと同時にインターネットを使った対局で力を付け、楽しさを覚えた。「勝つことが好きだった」。5年生で岩手県代表、中学1年の時には全国3位に入った。

 〇…高校2年生の時、東日本大震災で自宅が津波に飲まれた。避難所では父親のノートパソコンでネット対局をすることで心を落ち着けた。岩手県立大時代は学生名人など、主要タイトルを総なめ。「初めての全国優勝は忘れられない」という。15年にはアマ名人戦を制し、ハンデ戦ながらも当時の羽生善治名人と戦った。「オーラに圧倒された」。結果は完敗だったが、これまでにプロ棋士からは2勝(8敗)を挙げている。

 〇…春からシステムエンジニアとして働く。昨今の将棋ブームで「自己紹介がしやすくなった」と笑う。「論理的に組み立てていくところは仕事も将棋も同じ」と冷静に分析して語る。得意な戦法はオーソドックスな「居飛車」。「この指し手は自分のものだと言われるようにしたい」と語る24歳は勝気な性格でアマの頂点を目指し、自らの勝利を読み切ろうとしている。
 

南区版の人物風土記最新6件

金子 みち代さん

中国残留邦人問題に関わり、多くの家族の手助けを行った

金子 みち代さん

8月16日号

白井 勝晃さん

体操の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力するする

白井 勝晃さん

8月2日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

松村 光雄さん

中村地区で認知症に関する啓発活動を行う「キャラバンメイト」を務める

松村 光雄さん

7月19日号

涌井 正夫さん

4月から南消防団の団長を務め、359人の団員をまとめる

涌井 正夫さん

7月12日号

近藤 晋平さん

永田台少年野球部の監督を務め、全国大会へ導いた

近藤 晋平さん

6月28日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉野町で本格クラシック

吉野町で本格クラシック

25日、若手注目弦楽奏者ら

8月25日~8月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク