南区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

将棋の「アマチュア竜王戦」に神奈川県代表として出場する 小山 怜央さん 大岡在住 24歳

冷静に勝ちを読み切る

 〇…4月、県代表を決める予選で優勝。6月下旬に東京で行われる全国大会に駒を進めた。就職に伴い、故郷の岩手を離れ、春から南区に住み始めたばかり。「岩手と比べて神奈川はレベルが高く、不安だった」と言うが、”神奈川デビュー”でいきなりの優勝。岩手代表として臨んだ2016年のアマ竜王戦は無念の準Vだっただけに、「全力を出し切れば」と頂点を目指す。

 〇…小学2年生の夏、入院し、病院での生活を余儀なくされた。それまで家ではゲームばかりやっていた少年に母親が将棋セットを用意した。瞬間的な楽しさを享受できるゲームに比べて地味な印象の将棋。当初は戸惑ったが、地元の将棋道場に通い始めるのと同時にインターネットを使った対局で力を付け、楽しさを覚えた。「勝つことが好きだった」。5年生で岩手県代表、中学1年の時には全国3位に入った。

 〇…高校2年生の時、東日本大震災で自宅が津波に飲まれた。避難所では父親のノートパソコンでネット対局をすることで心を落ち着けた。岩手県立大時代は学生名人など、主要タイトルを総なめ。「初めての全国優勝は忘れられない」という。15年にはアマ名人戦を制し、ハンデ戦ながらも当時の羽生善治名人と戦った。「オーラに圧倒された」。結果は完敗だったが、これまでにプロ棋士からは2勝(8敗)を挙げている。

 〇…春からシステムエンジニアとして働く。昨今の将棋ブームで「自己紹介がしやすくなった」と笑う。「論理的に組み立てていくところは仕事も将棋も同じ」と冷静に分析して語る。得意な戦法はオーソドックスな「居飛車」。「この指し手は自分のものだと言われるようにしたい」と語る24歳は勝気な性格でアマの頂点を目指し、自らの勝利を読み切ろうとしている。
 

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

須原 康仁さん

弘明寺食堂「町っ子」の店主で、大岡小学校の児童とプリンを考案した

須原 康仁さん

10月11日号

畠山 明美さん

三春台東町内会の副会長などを務め、子どもの見守り活動を行う

畠山 明美さん

10月4日号

齋藤 優子さん

植物画教室の講師を務め、10月11日から個展を行う

齋藤 優子さん

9月27日号

齋藤 龍也さん

日本伝統工芸展で5年連続入選するなど、陶芸作品を作り続ける

齋藤 龍也さん

9月20日号

能登谷(のとや) 光さん

横浜市内商店街のチャーハンコンテストで銅賞を受賞した「のとやん」の店主を務める

能登谷(のとや) 光さん

9月13日号

櫻井 友貴さん

横浜市会のポスターデザインコンテストで最優秀賞を受賞した

櫻井 友貴さん

9月6日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「特別自治市」実現へ 講演会

「特別自治市」実現へ 講演会

参加者募集 11月、市長ら語る

11月10日~11月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク