南区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

南永田団地の子どもプールの運営を行う 伊藤 博子さん 永田みなみ台在住 37歳

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

子どもの遊び場守りたい

 ○…担い手が減り、一時は今年の開所休止が決まっていた永田みなみ台の南永田団地1街区にあるプール運営の役員を引き受け、準備や呼び掛けを行い、開所にこぎ着けた。今年から幼児にも気軽に楽しんでほしいという思いや、子どもが減少していることから、団地住民以外にも開放。8月26日にはプールで子ども向けの「お楽しみ会」を企画し、準備に余念がない。「休止を常任理事会の会議で突然言われた。子どもが使う間は継続させたかった」と話す。

 ○…千葉県鎌ケ谷市で 生まれる。人と関わることが好きで、小学生の頃から高齢者施設でボランティア活動をしていた。20歳まで鎌ケ谷で過ごし、

成人式の実行委員も務めた。「実行委員を務めたことで、人とのつながりが深くなった。南区への引っ越しも友人が手伝ってくれた」と微笑む。

 ○…24歳で結婚、夫の実家がある南区に移り住んだ。夫が子どもの時から親しんでいたプールの運営などに当初は興味がなかった。しかし、団地の役員会議で休止を聞き、運営継続へ立ち上がった。役員は1人。それでも、仲の良い人たちに清掃や受付などを協力してもらっている。「台風や雨天時の開所の判断は難しい。中止の時には電話やライン、団地内の放送を使って連絡している。協力者が増えれば」。孤軍奮闘の状況は改善されつつあるが、苦労は多い。

 ○…学生時代は器械体操に励み、団地周辺などを走る横浜中央走友会に所属し、荒川で行われたフルマラソンの完走経験もある。仕事は歯科衛生士。忙しい仕事の合間を縫って、26日のお楽しみ会の道具を手作りしている。「子どもたちに楽しんでもらえれば」と話し、10m四方の小さなプールから子どもの心に残るような大きな思い出を作ろうとしている。

南区版の人物風土記最新6

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

澤田 和也さん

パチンコ店「ドキわくランド井土ヶ谷店」の店長を務め、地域貢献活動に取り組む

澤田 和也さん

井土ケ谷下町勤務 42歳

5月12日号

小熊 誠さん

4月から神奈川大学の学長に就任した

小熊 誠さん

南区在住 68歳

5月5日号

吉田 美佐子さん

蒔田や旧大岡村などの歴史を教え伝える「南区郷土の歴史研究会」で活動する

吉田 美佐子さん

大岡在住 74歳

4月28日号

相馬 友子さん

神奈川区の「はるかぜ農園」を運営し、野菜の直売を自宅で行っている

相馬 友子さん

大岡在住 56歳

4月21日号

鈴木 健一さん

4月から南区長に就任した

鈴木 健一さん

59歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook