南区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

障害ある2人の絵画展 中島町のギャラリーで

文化

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
佐々木さん作「生きる」(上)と本間さん作「椛(もみじ)」
佐々木さん作「生きる」(上)と本間さん作「椛(もみじ)」

 知的障害、精神障害のある2人の絵画作品を展示、販売する「ふたりの作家の物語」が、3月26日から4月2日まで、中島町のギャラリー而今艸(じこんそう)で行われた。

20点以上販売も

 「あーとすたじお源」が企画。同スタジオに所属する本間はるかさんと佐々木津つくみさんが約120点の作品を出展。27日には80人を超える人が訪れ、20点以上の作品が売れた。

 スタジオの責任者である福家健彦さんは「健常、障害を問わず、多様性を認め合うコミュニティの場を作りたい」という目標を掲げ、28、29日には対話型の鑑賞会を開催。28日には小学生4人が作品の感想を引き出す手伝いをするファシリテーター(調整役)を交えて鑑賞。一つの作品を全員で見ながら「手に持っている花火を回しているみたい」、「煙に見える」、「緑の線が道に見え、きのこが走っているように見える」「青は悲しいとか、ピンクは楽しかったりドキドキするなど、(作者の)心の感情が表れている」など、お互いの感想を述べ合った。

 福家さんは「身内や福祉関係者に一切依存せず、作家を全く知らない環境で公開することにより、純粋なアートとしての評価を問いたかった。絵が売れたら、それは自分が生み出し生活の糧を得られたということ。自立支援にもつながる」と話した。今後は未定だが、対話型鑑賞会を含め、続けていく予定。
 

鑑賞会で感想を述べる参加者
鑑賞会で感想を述べる参加者

南区版のローカルニュース最新6

南区の感染者1週間で36人

南区の感染者1週間で36人 社会

減少続く

2月25日号

あったか みなみ

自治会・町内会活動紹介

あったか みなみ 社会

連載第8回

2月25日号

別所中里台の伊藤さん個展

ろう者知る映画上映

ろう者知る映画上映 文化

市聴覚障害者協会が28日

2月25日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

2月25日号

市営地下鉄弘明寺駅に特殊詐欺への注意を呼び掛けるポスター 横浜総合高校の生徒が制作

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク