南区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

俳優として舞台や映画で活躍する 高橋 長英さん 三春台在住 76歳

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

真剣勝負で舞台に生きる

 ○…俳優として50年以上のキャリアを持つ。テレビドラマ「白い巨塔」など、出演した作品は数知れず。5月公開の映画「兄消える」では、主演の一人として40年ぶりに再会したきょうだいの弟役を演じた。「生涯続けたい」という舞台での活躍に加え、最近は朗読や憲法9条、平和を守る活動にも力を入れる。体力維持に1日1万3千歩を歩くことを日課にする。

 ○…南区で生まれ育つ。小学生の頃は、クモを戦わせる「ホンチ」に熱中。「墓地に行って墓石を倒してでもクモを捕まえていた」と笑う。映画「エデンの東」のジェームス・ディーンに憧れ、俳優を志す。20歳で俳優座養成所に入ったが、野心を持って全国から集まる仲間を見て「自分が”井の中の蛙”だと知った」。夏八木勲さん、前田吟さん、小野武彦さん、地井武男さんら、後に「花の15期生」と呼ばれる同期の中で「オーソドックスでは敵わない。アウトサイダーでいこう」と自分のスタイルを確立していった。

 ○…テレビドラマの出演を重ねていた30歳の時、文学座の演出家・木村光一さんに見出され、舞台にも本格進出。「エネルギーを使うけど、終わるとやって良かったと感じる」。客前での真剣勝負で味わう緊張感は、ほかにないという。「今でもセリフを全く覚えていないまま舞台初日の幕が開く夢を見る」と苦笑い。

 ○…1994年から2005年まで開かれた「野毛大道芝居」では座長を務めた。市長から商店主など、素人ばかりの出演者をまとめながら、ドタバタ劇を展開。物語は荒唐無稽でも「投げ銭をもらったり、電車賃を払って観に来る人がいるのだから」と演者には厳しさと真剣さを求めるほど、舞台にこだわる。昭和から平成、令和へ―。生涯現役を目指す俳優のステージはまだまだ続く。

南区版の人物風土記最新6

廣瀬 泰雄さん

4月から横浜南郵便局の局長に就いた

廣瀬 泰雄さん

井土ヶ谷上町勤務 58歳

7月2日号

齋藤 博巳さん

神奈川県表具経師内装協同組合の元理事長で県民功労者表彰を受賞した

齋藤 博巳さん

六ツ川在住 87歳

6月25日号

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

SNSで集めた「書」と自身の書道パフォーマンスを動画で披露している

粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴)

蒔田町在住 21歳

6月18日号

柊谷 明里さん

5月1日付けで神奈川県内最年少の交通指導員となった

柊谷 明里さん

六ツ川在住 20歳

6月11日号

有賀 和彦さん

4月から南消防団の団長に就任し、藍綬褒章を受章した

有賀 和彦さん

中島町在住 66歳

5月28日号

林 海国(りん かいこく)さん

5月から南消防団に外国籍団員として初めて入団した

林 海国(りん かいこく)さん

白妙町在住 36歳

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

  • あっとほーむデスク

    6月28日14:12更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク