南区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

40周年を迎えた横浜市こども植物園に開園準備期から勤務する 石橋 國男さん 六ツ川在勤 72歳

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

目標決めて突っ走る

 ○…今年40周年を迎えたこども植物園に開園前の準備期間から勤務。60歳で定年し、一旦は市内の別の公園で働いたが、昨年から再び同園に。「植物園は『調査・研究』『普及啓発』『見本園の充実』の3本柱のどれが抜けてもいけない」と話す。

 ○…開園を前に、市内の山野草を展示するため、地主との交渉、採取を行い、約80種を集めた。「横浜市産が欲しかった」。また、開園日の6月23日にバラ園でテープカットが行われるため、開花が5月のバラを納入先に頼んで冷蔵庫に入れてもらった結果、満開でオープニングを迎えられた。以降、ニュートンのリンゴやゴッホがモデルにしたヒマワリなどの入手による園内の充実、小学校などへの出張指導、理科教材の作成、国内外での剪定など、さまざまな仕事をこなす。これまでにクリの変種「トゲナシグリ」などの新種も発見した。

 ○…東京・杉並区出身。小中学生の時は野球に熱中。都大会上位の常連で投手として活躍。高校2年時に大学の聴講生となり、マーケティングを学んだ。「売るためにはデータが必要。どのようなところで売れるのかを予想するのが面白かった」という。高校卒業後はマーケティング関係会社に就職し、19歳ですでに営業専門誌に寄稿するほど。30歳で横浜市役所に入庁し、同園に赴任した。

 ○…同園の植物誌を作ることを目指す。「植えてあるものを市民に知ってもらいたい」。現在95品種ある柿を「100にしたい」という。100品種目は「太郎柿」にしたい。「次郎柿があるということは太郎がある」。以前、古本屋で柿の品評会の様子を書いた文献を発見し「太郎柿」の記載を見つけた。「諦めるのが嫌い。『どこかにある』と目標を決めて突っ走る」。草木への愛情を持ち、まだまだ精力的に仕事へ全力を傾ける。
 

南区版の人物風土記最新6

篠崎 達也さん

パチンコ店「ドキわくランド井土ヶ谷店」の店長で地域に根差した活動を進める

篠崎 達也さん

井土ヶ谷下町勤務 46歳

6月17日号

里見 美紀子さん

みなみ俳句会の代表で、コロナ禍に対応した「通信句会」を行う

里見 美紀子さん

井土ヶ谷中町在住 71歳

6月10日号

島田 秀世さん

5月から南火災予防協会の会長に就任した

島田 秀世さん

蒔田町在住 68歳

6月3日号

小野 健治さん

南防犯指導員連絡協議会の会長で、地域の見守り活動などを行う

小野 健治さん

山王町在住 77歳

5月27日号

栗山 文男さん

「フォトサロン97」の代表で吉野町市民プラザで写真展を開催する

栗山 文男さん

六ツ川在住 72歳

5月20日号

高橋 充さん

自身4回目の水彩画の個展を桜木町で開いている

高橋 充さん

南太田在住 73歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月19日23:09更新

  • あっとほーむデスク

    6月19日16:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ

区講座の参加者募集

7月6日~7月6日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter