南区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

40周年を迎えた横浜市こども植物園に開園準備期から勤務する 石橋 國男さん 六ツ川在勤 72歳

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

目標決めて突っ走る

 ○…今年40周年を迎えたこども植物園に開園前の準備期間から勤務。60歳で定年し、一旦は市内の別の公園で働いたが、昨年から再び同園に。「植物園は『調査・研究』『普及啓発』『見本園の充実』の3本柱のどれが抜けてもいけない」と話す。

 ○…開園を前に、市内の山野草を展示するため、地主との交渉、採取を行い、約80種を集めた。「横浜市産が欲しかった」。また、開園日の6月23日にバラ園でテープカットが行われるため、開花が5月のバラを納入先に頼んで冷蔵庫に入れてもらった結果、満開でオープニングを迎えられた。以降、ニュートンのリンゴやゴッホがモデルにしたヒマワリなどの入手による園内の充実、小学校などへの出張指導、理科教材の作成、国内外での剪定など、さまざまな仕事をこなす。これまでにクリの変種「トゲナシグリ」などの新種も発見した。

 ○…東京・杉並区出身。小中学生の時は野球に熱中。都大会上位の常連で投手として活躍。高校2年時に大学の聴講生となり、マーケティングを学んだ。「売るためにはデータが必要。どのようなところで売れるのかを予想するのが面白かった」という。高校卒業後はマーケティング関係会社に就職し、19歳ですでに営業専門誌に寄稿するほど。30歳で横浜市役所に入庁し、同園に赴任した。

 ○…同園の植物誌を作ることを目指す。「植えてあるものを市民に知ってもらいたい」。現在95品種ある柿を「100にしたい」という。100品種目は「太郎柿」にしたい。「次郎柿があるということは太郎がある」。以前、古本屋で柿の品評会の様子を書いた文献を発見し「太郎柿」の記載を見つけた。「諦めるのが嫌い。『どこかにある』と目標を決めて突っ走る」。草木への愛情を持ち、まだまだ精力的に仕事へ全力を傾ける。
 

南区版の人物風土記最新6

土肥 志奈子さん

永田台コミュニティハウスで活動するキッズダンスチームの代表を務める

土肥 志奈子さん

永田東在住 35歳

9月17日号

安達 たけしさん

永田東の音楽教室「アダチ音研」を経営し、YouTubeで練習動画を配信する

安達 たけしさん

六ツ川在住 47歳

9月10日号

花園 勝さん

南区剣道連盟の第9代会長を務める

花園 勝さん

永田北出身 64歳

9月3日号

中村 裕子さん

弘明寺商店街近くの絵本店「子どもの本&クーベルチップ」の店長を務める

中村 裕子さん

大岡在勤 65歳

8月27日号

桂 枝太郎さん(本名:佐々木修市)

落語家で南消防団に入団した

桂 枝太郎さん(本名:佐々木修市)

白妙町在住 42歳

8月13日号

森本 雅広さん

中村町の「信愛塾」のこども食堂を支援する

森本 雅広さん

戸塚区在住 38歳

8月6日号

南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    9月16日20:00更新

  • 9月14日15:27更新

  • あっとほーむデスク

    9月13日17:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で心清める

大岡地区セン

写経で心清める

あすから申込受付

10月16日~10月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク