南区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

Y校野球部出身 郡司選手 競輪日本一へ 30日、最高峰レースに挑む

スポーツ

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
GPに初出場する郡司選手
GPに初出場する郡司選手

 横浜商業高校(Y校)野球部出身で競輪のトップレーサー・郡司浩平選手(29)が12月30日に立川競輪場で行われる「KEIRINグランプリ」(GP)に初出場する。約2200人いる競輪選手の中から成績上位の9人だけが出られ、その年のナンバー1を決める特別なレース。「Y校時代の仲間も応援してくれる」と語り、競輪界最高峰の名誉へ挑戦する。

 郡司選手は栄区出身。小学生から野球を始め、Y校では3年時に外野手のレギュラーとして県大会ベスト8進出に貢献。卒業後に父・盛夫さんと同じ競輪選手の道へ。

 川崎競輪場所属で2011年にデビュー。13年にトップ選手が集まる「S級」に昇格後、壁にぶつかる。そこで師匠でもある盛夫さんの「自分でレースを動かせ」というアドバイスで自ら勝負を仕掛けるスタイルを貫き、再び勝ち始めた。

 16年に最上位格のGIレースで初めて決勝に進むなど、大レースの常連となった。17年3月にはGIに次ぐGIIレースに優勝し、その年のGIレースの優勝者と獲得賞金上位の9人によって争われるGP出場が視野に入った。しかし、夏場以降の成績が伸びず、次点で初出場を逃した。

 今年は「けがなく、GP出場を目標にした」という1年だったが、6月のレースで落車し、鎖骨を骨折。2カ月間の休養を余儀なくされ、GP出場は厳しいと思われたが、復帰後に優勝を重ね、9月に2度目のGII制覇。もう一つの目標だったGI優勝は叶わなかったが、獲得賞金約6800万円の8位で悲願のGP出場を決めた。

高校仲間も応援に

 例年、Y校野球部の仲間と忘年会を開くが、今回はGP後の年明けに行う。「GPを見に来てくれる仲間もいるので、勝たないといけない」と話す。目標にしていたGPだが、「いざ出場を決めてみると、嬉しさと不安な気持ちが半々」という。GPに出る9選手は翌年、「S級S班」という最高格付けを背負い、他の選手とは異なる赤いレーサーパンツを着て走る。「ファンの期待も大きく、内容も求められる」と厳しい表情。

 優勝賞金1億円を懸けた大一番の舞台となる立川競輪場は「直線が長く、自分にとってはやりやすい」と好相性のバンク。「思い切りの良さが持ち味。出し惜しみしないで戦いたい」と全力で競輪界の頂点を目指す。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

集配中に「火災警戒」

南郵便局

集配中に「火災警戒」 社会

消防署と協力覚書締結

2月13日号

交流の場担い20年

六ツ川地域ケアプラザ

交流の場担い20年 社会

23日、祭りで節目祝う

2月13日号

小学生とサロンで交流

太田東部地区

小学生とサロンで交流 文化

ゲーム楽しみ、互助育む

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

「在日外国人への理解を」

「在日外国人への理解を」 社会

支援者、2月1日に講演

1月30日号

校内土で焼き物づくり

大岡小6年生

校内土で焼き物づくり 教育

地域に魅力伝える

1月30日号

寄付で食品ロス防ぐ

寄付で食品ロス防ぐ 社会

別所・ヨーカドーが貢献

1月23日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月16日19:48更新

  • あっとほーむデスク

    2月14日14:51更新

  • 2月13日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害避難所での知的障害者知る

災害避難所での知的障害者知る

家族がビデオ上映会

2月24日~2月24日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク