南区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

在日外国人の学習支援などを行う「信愛塾」のセンター長を務める 竹川 真理子さん 中村町在勤 

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

国境を越えた友情育む

 ○…言葉の壁に苦しむ外国人の学びを支える拠点のリーダーとして尽力。中国語やハングル、タガログ語といった、さまざまな言語を駆使し、一人ひとりに寄り添った指導を心掛けている。2月1日には、外国にルーツを持つ人への理解を深める講演会の講師を任される。「信愛塾は家や学校以外の”第3の居場所”。皆さんがありのままでいられる雰囲気づくりを全うしていきたい」と語る人柄は実直だ。

 ○…20代の頃、街で見かけたヘイトスピーチなどを目の当たりにし、「民族や言葉が違うだけで人を差別する様子」に疑問を抱いた。「差別に苦しむ外国人の役に立てれば」との思いで1983年から信愛塾での活動を始め、国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)に勤務しながら数学や英語を教えた。「母国と日本の狭間で”自分は何者か”と戸惑う人のケアに従事したい」と、93年からセンター長の仕事に専念。子どもがいじめに遭い、日本での生活に不安を抱える外国人の相談に乗るなど、全国各地を駆け回っている。

 ○…「施設に通う人のほとんどは、相談したいけど他人に聞かれたくないという葛藤に苛まれている」と話す。デリケートな相談には慎重に対応。当事者以外に絶対聞かれないよう、密閉空間を作るなど、面談中は細心の注意を払い、一人ひとりを思いやったアドバイスを出す。「出会ったからには最後まで責任を持ち、当事者と課題解決に努めたい」

 ○…ドラえもんが大好き。「多くの夢と希望を与える姿が素敵で親しみやすい」とにっこり。施設では、子どもたちと「ドラえもんのうた」をよく歌うという。「こんなこといいな、できたらいいな-」。みんなの夢を叶えるため、これからも地域を駆け回る。

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

東 良暁(ひがし よしあき)さん

野球のBCリーグに新しく参入する「神奈川フューチャードリームス」に入団した

東 良暁(ひがし よしあき)さん

井土ヶ谷下町在住 26歳

3月19日号

東郷 なりささん

大岡川沿いの桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」の原画展を開く

東郷 なりささん

戸塚区在住 32歳

3月12日号

三浦 寿徳さん

創部20周年を迎えた中学生硬式野球チーム「横浜南ボーイズ」の代表を務める

三浦 寿徳さん

六ツ川在住 58歳

3月5日号

山田 浩さん

創部20周年を迎える少年野球チーム「21Sイーグルス」の監督を務める

山田 浩さん

六ツ川在住 61歳

2月27日号

江澤 康彦さん

横浜植木の商品管理部に勤務し、「神奈川県優良産業人表彰」を受けた

江澤 康彦さん

唐沢在勤 56歳

2月20日号

菊池 秀明さん

2月に開館20周年を迎えた「六ツ川地域ケアプラザ」の所長を務める

菊池 秀明さん

六ツ川在住 40歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    3月27日14:18更新

  • 3月26日19:00更新

  • 3月24日20:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク