南区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

六ツ川の関さん 書道で神奈川県知事賞 全国5千点から入選

文化

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
「人の輪でコロナ禍を乗り越えたい」と話す関さん
「人の輪でコロナ禍を乗り越えたい」と話す関さん

 六ツ川在住の関莉果さん(12)がこのほど、全国の高校生以下を対象とした「産経ジュニア書道コンクール」の中学生以下の部で特別賞に相当する「神奈川県知事賞」に選ばれた。「課題点を何度もアドバイスしてくれた書道教室の先生に感謝したい」と話す。応募作品は東京都美術館=台東区=に7月27日から8月2日まで展示される。

 同コンクールは産経新聞社が毎年開催しているもので、今年は5571作品が集まった。特別賞10点のうち、神奈川県知事賞は第4位に相当。

 関さんが書道を習い始めたのは小学3年生のころで、蒔田町の紅花(こうか)書道塾に入会。最初はミリ単位の大きさや太さ、角度などで印象が変わる難しさに苦戦するも、毎日コツコツと反復練習。努力が実り、現在は中学生以下対象の学生の部で一番上の段位「推薦」を取得するまでに成長した。「次は高校生以上が対象の一般の部で初段を取りたい」と意欲を見せる。

 関さんを指導する粟津紅花さんは「人一倍努力する姿勢にいつも感心させられる。これからは小さい子どもたちから目標とされる立場になるので頑張ってほしい」とエールを送る。

「輪」で乗り越える

 受賞作品の「無心得良悟(むしんりょうごをう)」は、物事は無関心になって初めて物の道理を悟ることができるという意味。関さんは「心を無にして書いた」と振り返る。コロナ禍で書道塾に通えない中、LINEで粟津さんに作品を添削してもらうなど工夫したことも賞を手繰り寄せた。「人や地域とのつながり、『輪』を大切にして、コロナ禍を乗り越えたい」と書に想いを込めた。

 作品展示は午前9時30分から午後5時30分(8月2日は2時30分)まで。7月30日は休み。入場無料。詳細は産経新聞社事業本部【電話】03・3275・8902。

神奈川県知事賞に輝いた作品
神奈川県知事賞に輝いた作品

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook