南区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

六ツ川の関さん 書道で神奈川県知事賞 全国5千点から入選

文化

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
「人の輪でコロナ禍を乗り越えたい」と話す関さん
「人の輪でコロナ禍を乗り越えたい」と話す関さん

 六ツ川在住の関莉果さん(12)がこのほど、全国の高校生以下を対象とした「産経ジュニア書道コンクール」の中学生以下の部で特別賞に相当する「神奈川県知事賞」に選ばれた。「課題点を何度もアドバイスしてくれた書道教室の先生に感謝したい」と話す。応募作品は東京都美術館=台東区=に7月27日から8月2日まで展示される。

 同コンクールは産経新聞社が毎年開催しているもので、今年は5571作品が集まった。特別賞10点のうち、神奈川県知事賞は第4位に相当。

 関さんが書道を習い始めたのは小学3年生のころで、蒔田町の紅花(こうか)書道塾に入会。最初はミリ単位の大きさや太さ、角度などで印象が変わる難しさに苦戦するも、毎日コツコツと反復練習。努力が実り、現在は中学生以下対象の学生の部で一番上の段位「推薦」を取得するまでに成長した。「次は高校生以上が対象の一般の部で初段を取りたい」と意欲を見せる。

 関さんを指導する粟津紅花さんは「人一倍努力する姿勢にいつも感心させられる。これからは小さい子どもたちから目標とされる立場になるので頑張ってほしい」とエールを送る。

「輪」で乗り越える

 受賞作品の「無心得良悟(むしんりょうごをう)」は、物事は無関心になって初めて物の道理を悟ることができるという意味。関さんは「心を無にして書いた」と振り返る。コロナ禍で書道塾に通えない中、LINEで粟津さんに作品を添削してもらうなど工夫したことも賞を手繰り寄せた。「人や地域とのつながり、『輪』を大切にして、コロナ禍を乗り越えたい」と書に想いを込めた。

 作品展示は午前9時30分から午後5時30分(8月2日は2時30分)まで。7月30日は休み。入場無料。詳細は産経新聞社事業本部【電話】03・3275・8902。

神奈川県知事賞に輝いた作品
神奈川県知事賞に輝いた作品

南区版のトップニュース最新6

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

文化祭作品 コミハで公開

南が丘中

文化祭作品 コミハで公開 コミュニティ教育

外部発信の機会創出

11月12日号

跡地に市大病院再整備へ

米軍根岸住宅地区

跡地に市大病院再整備へ 社会

市、構想案への意見募る

11月12日号

バラエティ企画に挑戦中!

馬車道発横浜アイドル「ポニカロード」のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCdkYHiFJx4AeV-c_CkBc9FA

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お金・生活設計考える

シングル女性向け

お金・生活設計考える

フォーラム南太田が講座

12月10日~12月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク