南区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

コロナで変わる地域活動<6> 様相一変 全着席ライブ アイドル・ファンも工夫

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
全て着席で行われたポニカロードのライブ
全て着席で行われたポニカロードのライブ

 プロ野球やJリーグが有観客の試合開催を始めて約3週間。ライブや舞台も徐々に再開している。しかし、東京・新宿の劇場で上演された舞台の出演者や観客から多くの感染者が出たことは、室内公演の難しさを感じさせた。ライブ開催にどのような対策や工夫が求められているのか。

 馬車道発横浜アイドルとして活動する女性6人組アイドル「ポニカロード」は2月末まで毎週のようにライブハウスの公演に出演。特に横浜駅そばにあるライブハウス「Yokohama O-SITE」では月1回ライブを開き、48回を数えた。ただ、3月以降のライブは中止となり、活動の軸足は動画配信に移っていた。

拍手・ライトでエール

 緊急事態宣言解除後、初となる主催ライブを7月19日に同所で開いた。通常、100人以上を収容できる会場だが、観客定員を50人に設定。これまで、会場前方は立って観覧、後方に座席があるスタイルだったが、前方に間隔を開けていすが置かれた。同所は観客に県の「LINEコロナお知らせシステム」への登録を求めており、入場時にスタッフが説明し、観客もこれに従っていた。

 この日のライブはメンバーの1人、南仲ないろさんの誕生日を祝う1カ月遅れの「生誕祭」だった。マスク姿の観客は発声も制限されるため、歌の最中は手拍子と南仲さんのイメージカラーである黄色のサイリウムを振ってエールを贈った。

声援を事前収録

 アイドルのライブではファンが「コール」と呼ばれる、曲に合わせてメンバー名などを呼ぶ方法で盛り上げることが一般的だが、それも禁止。ファンは何とかして盛り上げようと、ポニカロードの楽曲の中で最も盛り上がる「沸き曲」である「Basya!ポニカ!」では、事前収録したコールを曲に合わせて流し、ファンの声援とメンバーの歌声がミックスされた。これはファンの発案で、ポニカロード側と会場側と相談して取り入れた方法だという。

 この日の主役だった南仲さんは「皆さんはマスクをしていても、そこから見える目が笑っていて、嬉しかった」とファンの温かさを感じたという。ファンの男性は「目の前で見られて良かった。今はそれだけで満足」と話していた。

 ライブは同時に有料配信も実施。この数か月で培った技術をベースに4台のカメラを駆使して約2時間の配信を行った。今後も観客を入れてのライブと配信を組み合わせながら、新しい生活様式の中のパフォーマンスを探っていく。

南区版のローカルニュース最新6

自転車盗防止 二重施錠を

防犯協会など

自転車盗防止 二重施錠を 社会

商店街で注意呼び掛け

12月2日号

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座 文化

中村で18日

12月2日号

「IRの経緯検証を」

「IRの経緯検証を」 社会

市民団体が市長に要望

12月2日号

弘明寺にハートイルミ

弘明寺にハートイルミ 社会

商店街が設置

12月2日号

「ドラゲー」保土ケ谷に

プロレス

「ドラゲー」保土ケ谷に スポーツ

16日、横浜出身選手が凱旋

12月2日号

ライトアップ機材寄付

ライトアップ機材寄付 社会

井土ケ谷下町平岡電機工事桜まつり用に5機

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook