南区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

元キックボクシング日本王者でジム経営者として区民の健康づくりを支える 矢島 直弥さん 六ツ川在勤 30歳

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena

攻めて前進、過去を超える

 ○…キックボクサーとしての経験を活かし、今春、六ツ川にジム「ピースフィットネス24」をオープン。コロナ禍で会員集めに苦労したが「スムーズに進まないことは慣れている」と前向き。ジムの競争が激しい中、「六ツ川の人の健康づくりに役立てれば」と生まれ育った地域に根差した経営方針を掲げる。

 ○…小学生から高校までサッカーを続けた。高校時代、持久走は部内でトップ、体力に自信はあった。「何かを見つけたい」と大学へ進み、知人の紹介でキックボクシングに出会った。「強くなって女性にモテたい」という動機だったが、チームプレーで役割が求められるサッカーと異なり「自分が頑張れば試合に出られる」点に魅力を感じて没頭。アマチュア時代は連勝を重ねた。

 ○…ジム入りから2年が過ぎた2011年にプロ転向。「魅せることが大切」との考えで、リスクがあっても積極的に前へ出て攻めるスタイルを確立。関係者から「客を呼べる」と高評価を得る中、16年、目標にしていたチャンピオンベルトを3度目の挑戦でつかんだ。「キックボクシングを広めたい」とテレビ中継される格闘技イベントへの参戦を目指す。しかし、17年の試合であごを骨折。医師から「復帰まで2年かかる」と言われ、引退を決断した。

 ○…志半ばの引退。同じリングに上がっていた選手がテレビに出て脚光を浴びる姿を見て「未練はある」と思いを隠さない。「過去の栄光にすがっていても成長しない。過去の自分に負けたくない」と今はジム経営に励む。西区で妻と2人の子どもと暮らし、休日は湘南の海でリラックス。「35歳までに飲食や清掃の会社も立ち上げたい」と前へ攻める姿勢を忘れないボクサー魂で夢への挑戦を続ける。

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版の人物風土記最新6

長谷部 淳一さん

横浜商業高校硬式野球部のOB会長を務め、部員の指導にも携わる

長谷部 淳一さん

港南区在住 60歳

12月3日号

荒木田 百合さん

6月から横浜市社会福祉協議会の会長を務める

荒木田 百合さん

中島町在住 60歳

11月26日号

前田 道亮さん

金融機関などで組織される「南区金融機関防犯連絡協議会」の会長を務める

前田 道亮さん

通町在勤 53歳

11月19日号

境 博一さん

別所コミュニティハウスの館長で、南が丘中学校の作品展示に協力した

境 博一さん

別所在勤 67歳

11月12日号

関口 敏朗さん

ミュージシャンで1972年に録音した音楽演奏のCDが10月に発表された

関口 敏朗さん

南太田在住 73歳

11月5日号

美松 寛大さん

弘明寺観音の副住職で、大岡地区センターで初開催された写経の講師を務めた

美松 寛大さん

弘明寺町勤務 29歳

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク