南区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

南区内の2施設 クイズラリーで健脚に 3密避け、にぎわい創出

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
「気軽に参加を」と呼び掛ける太田さん(右)と中村所長
「気軽に参加を」と呼び掛ける太田さん(右)と中村所長

 清水ケ丘地域ケアプラザは南区内20カ所のスポットを巡りながら問題を解くクイズラリーを新たに企画し、11月1日から実施する。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「密集」「密接」「密閉」の3密状況を回避した中でのにぎわい創出と住民の健康促進が狙い。それを知った浦舟地域ケアプラザも同様の企画を10月11日から行っている。

一人でもできる

 新型コロナウイルスの影響で南区内でもイベントが軒並み中止となり、密になりにくい非接触型の開催形式が求められている。清水ケ丘地域ケアプラザは、毎年10月ごろに行う施設の一大イベント「ヒルトップフェスタ」が中止となった。

 同プラザの中村直樹所長は「多くの地元団体が参加する行事が中止となり、地域とのつながりが薄れるという不安があった」と振り返る。

 そんな中、立ち上がったのが同プラザの職員たち。地域活動交流コーディネーターの太田敏子さんを中心に、人との接触を避けられる企画を模索した。職員の一人が偶然、テレビで見たクイズラリーを参考に南区に根差した問題を考案。各地域の自治会町内会などに協力を呼び掛け、企画が実現した。

20カ所でクイズ

 クイズラリーは参加カードを持って指定された南区内20カ所の町内会掲示板を巡り、クイズに答えるというシンプルなもの。〇×(マルバツ)や記述式といったさまざまな形式で、地域にまつわる問題が出題される。参加費無料。カードは清水ケ丘地域ケアプラザ、フォーラム南太田、南センターで配布。11月1日から30日まで行う。

 企画は参加者の体力などを配慮し、「自分のペースで楽しみ、地元の魅力を再発見する」がモットー。問題の正解・不正解は関係なく、3問以上回答し、イベント期間中に同プラザに参加カードを直接提出すれば参加賞がもらえる。

浦舟ケアプラは開催中

 浦舟地域ケアプラザでは、10月11日に「うらふねクイズラリー」を開始。11月15日まで実施中。参加無料。台紙は同プラザで配布。寿東部地区とお三の宮地区の各町内会にある掲示板の中から3つ以上のクイズに回答。イベント期間中に同プラザの受付に台紙を提出し、全問正解者には景品が贈られる。
 

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

応援団のエール再び

Y校

応援団のエール再び スポーツ

野球部試合で今年初活動

12月3日号

「アドバイザー」身近に

南永田団地

「アドバイザー」身近に 文化

住民イベントで交流

12月3日号

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク