南区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

「里親制度を知って」 市、密避けて相談会

教育

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
DVDや資料で説明した
DVDや資料で説明した

 実の親と暮らすことができない子ども育てる里親制度について学ぶ「里親相談会」が10月22日、23日に横浜駅の新都市ビル(そごう)の地下2階で行われ、市の職員が買物客らに説明した。

 説明会は里親委託率の向上などを目的に年6回ほど行われているもの。市によると現在、市内には虐待や両親の離婚などのさまざまな事情により、家庭で生活できない18歳未満の子どもが700人いるという。児童養護施設では四六時中面倒を見るのが難しく、コロナ禍で職員の負担も大きくなっている。

 今回は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「密集」「密接」「密閉」の3密状況を避けた中で開催。DVDなどを用い、子どもを一定期間養育する「養育里親」と特別養子縁組で親子になることを前提とする「養子縁組里親」などの違いを説明した。

晩婚化に光も

 特別養子縁組の対象年齢を原則6歳から15歳未満に引き上げる民法が4月に改正された。市の職員は「世の中の晩婚化により、子宝に恵まれず、里親制度を利用する家庭も増えるのでは」と話し、制度利用が進む可能性があるという。

 市は「家事ヘルパーなどの里親支援体制も整っている。里親の必要性を皆さんにきちんと説明し、子どもに『家庭で育つという温かさ』を経験させてくれる人が増えれば」としている。

南区版のローカルニュース最新6

南区の感染者1週間で36人

南区の感染者1週間で36人 社会

減少続く

2月25日号

あったか みなみ

自治会・町内会活動紹介

あったか みなみ 社会

連載第8回

2月25日号

別所中里台の伊藤さん個展

ろう者知る映画上映

ろう者知る映画上映 文化

市聴覚障害者協会が28日

2月25日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

2月25日号

市営地下鉄弘明寺駅に特殊詐欺への注意を呼び掛けるポスター 横浜総合高校の生徒が制作

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク