南区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

南が丘中 文化祭作品 コミハで公開 外部発信の機会創出

コミュニティ教育

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
約50点が並んだ
約50点が並んだ

 市立南が丘中学校(市之瀬雅夫校長)は生徒が授業などで作った作品を別所コミュニティハウスに11月4日から10日まで展示した。作品は新型コロナウイルスの影響で一般公開しなかった10月の文化祭で並んだもの。子どもたちの活躍を見られなかった保護者や住民に発信しようと、同ハウスの協力を得て絵画など約50点を展示した。

保護者・住民へ

 同校で10月29日に開催された文化祭「南颯祭」はコロナ禍のため、保護者などの来場を禁止し、内部公開のみとした。教職員は地域に発表する機会を失った子どもを元気付けようと、「3密状況を避けた上で何かできないか」と議論。施設が同校の隣で、交流のある別所コミュニティハウスに作品展開催を提案し、同ハウスの境博一館長=人物風土記で紹介=もそれに応えようと、短期間で設営した。

 作品展には学校が選んだ約50点を展示。コロナと戦う医療従事者を労うポスターやザリガニの観察絵日記、手作りの百人一首読み札、委員会の活動報告などが並んだ。

 同校卒業生で作品展を見た南川葵さん(17)は「ザリガニの観察絵日記など、個性豊かな作品ばかりで楽しかった」と話し、コロナ禍に負けない後輩を称えた。同校の市之瀬校長は「生徒が努力の成果を地域に発信することができて嬉しい。協力してもらった施設の皆さんには感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

形変え行事開催

 毎年、文化祭の中で行っている合唱コンクールは、密を作り飛沫飛散の恐れがあることなどから、学校が再開した直後の6月に中止を決めた。その代わりとして取り組んだのが選択授業。生徒が国語、理科、美術など18のテーマから好きなものを一つ選び、3学年が一緒に学んだ。生徒からは「先輩・後輩の距離間がなくなった」という声も寄せられた。

 そのほか、同校は本来は2泊3日の自然教室を1泊2日に短縮、秋頃に開催予定だった体育祭を来年2月に延期し、密を回避した開催形式を検討するなど、コロナと共存する新しい生活様式の下で学校行事に取り組む。
 

南区版のトップニュース最新6

大岡川に生物の"家"を

日枝小2年生

大岡川に生物の"家"を 教育

観察通し環境整備

1月14日号

窮地の飲食店 再び試練

窮地の飲食店 再び試練 社会

緊急事態宣言で対応苦慮

1月14日号

「地域力で困難乗り越える」

松山区長インタビュー

「地域力で困難乗り越える」 社会

コロナ禍、活動支援に注力

1月7日号

正月の風景も様変わり

正月の風景も様変わり 社会

初詣、寺社は密回避策

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

学校から五輪機運醸成

学校から五輪機運醸成 社会

南吉田小でパラ種目体験

1月1日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

南消防団

仲間を募集しています。あなたの力を地域防災リーダーとして生かしてみませんか

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/05-22.html

一般社団法人 勁草塾

講演会の開催などを通し、真の共生社会実現を目指します

https://keisoujuku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク