南区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

Y校 応援団のエール再び 野球部試合で今年初活動

スポーツ

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
選手を鼓舞するY校(上)と慶應の応援団
選手を鼓舞するY校(上)と慶應の応援団

 市立横浜商業高校(Y校)の野球応援団が今年初の活動を11月28日に同校グラウンドで開かれた硬式野球部の練習試合で行った。同部のOB会がコロナ禍で発表の機会を失った生徒を元気付けようと、慶應義塾高校=港北区=を招いた練習試合を企画。感染症対策の下、両校の応援団が選手にエールを送った。

OB会が機会創出

 Y校野球応援団は野球部と吹奏楽部、バトントワリング部で構成。各大会で披露する三位一体の応援は地元住民に広く知られている。毎年新しい応援歌を披露し、高校野球ファンからも親しまれている。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響でこれまで活動を自粛していた。

 そんな中、生徒の発表の場を創出しようと立ち上がったのがY校硬式野球部OB会。同じく活動を自粛していた慶應義塾高校応援指導部を招待し、試合を企画した。学校が住宅地にあることを踏まえ、吹奏楽部の演奏は中止し、マスク着用や団員の距離を確保するなどの感染症対策を講じた上で行うことにした。

伝統校の誇り

 試合当日、Y校は野球部1年の北村爽さんが応援を指揮。「輝く伝統」「Y校の意気」「Y校健児の歌」の”伝統3曲”を中心に披露し、バトン部は躍動感あるダンスで盛り上げた。慶應も負けじと朝ドラ「エール」のモデル、古関裕而さん作曲の「我ぞ覇者」などで対抗。Y校の応援団が約30人に対し、10人の少数精鋭で挑み、精一杯の声援を送った。試合は慶應が5-1で勝った。

 慶應応援指導部3年の飯嶋陸斗さんと足立大祐さんは「最後に野球応援の機会をくれたY校に感謝したい」と話し、チームの勝利を喜んだ。Y校硬式野球部OB会の長谷部淳一会長=人物風土記で紹介=は「選手だけでなく、応援団も含めて『高校野球』ということを改めて実感した。Y校も慶應も伝統校の誇りを持って頑張ってほしい」とエールを送った。
 

南区版のトップニュース最新6

大岡川に生物の"家"を

日枝小2年生

大岡川に生物の"家"を 教育

観察通し環境整備

1月14日号

窮地の飲食店 再び試練

窮地の飲食店 再び試練 社会

緊急事態宣言で対応苦慮

1月14日号

「地域力で困難乗り越える」

松山区長インタビュー

「地域力で困難乗り越える」 社会

コロナ禍、活動支援に注力

1月7日号

正月の風景も様変わり

正月の風景も様変わり 社会

初詣、寺社は密回避策

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

学校から五輪機運醸成

学校から五輪機運醸成 社会

南吉田小でパラ種目体験

1月1日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

南消防団

仲間を募集しています。あなたの力を地域防災リーダーとして生かしてみませんか

http://www.city.yokohama.lg.jp/shobo/shouboudan/05-22.html

一般社団法人 勁草塾

講演会の開催などを通し、真の共生社会実現を目指します

https://keisoujuku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク