南区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

南永田団地 マラソンで地元愛育む 住民、小学生が大会企画

文化

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
大きな横断幕を作った
大きな横断幕を作った

 南永田団地内にある商店街の空き店舗を活用して異世代交流を図るイベント「つながり祭」が12月12日に行われた。新型コロナウイルスや台風の影響で2度の延期を余儀なくされながらも開催にこぎつけ、市立永田台小学校の児童と考えたマラソン大会も実施した。

 つながり祭は空き店舗の活用を目指す住民有志で組織する「永田みなみ台まちづくり委員会」が中心に運営し、3年前から2カ月に1回開催するもの。親子3世代の交流と地域活性をテーマに、模擬店などでにぎわう。しかし、新型コロナや台風の影響で6月を最後に開催できずにいた。

密避けて初開催

 同委員会はコロナ禍でもイベントを盛り上げられないか模索した。そこで団地に近く、日頃から交流のある永田台小学校に呼び掛けて新たな企画を一緒に考えた。

 その中で挙がったのが児童が団地周辺を走るマラソン大会。「コロナ禍の運動不足解消に加え、普段何気なく通り過ぎている街並みを見て地元愛を育みたい」との思いで初開催を決めた。

 マラソン大会には6年1組の児童が参加。コースは子どもたちが考え、学校を起点とした約1・15Kmの「散歩コース」と1・8Kmの「ノーマルコース」の好きな方を選択して走った。また、コースを紹介したマップと住民を元気付けるメッセージを書いた長さ約3mの横断幕を披露した。

 児童たちは「マラソン大会の準備を通し、クラスメイトや団地の皆さんとの絆が強まった」と話し、開催に確かな手応えを感じた。同小の武山朋子校長は「コロナ禍でも『工夫すればできることもある』というのを子どもたちが教えてくれた」と児童を称えた。そのほか、団地を管理するUR都市機構によるワークショップなども行われ、にぎわった。

南区版のトップニュース最新6

健康食育で文科大臣表彰

大岡小

健康食育で文科大臣表彰 教育

「学校給食優良学校」に

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

南署に電光掲示板寄贈

南ロータリークラブ

南署に電光掲示板寄贈 社会

60周年、地域貢献広がる

1月20日号

還元額 予算の5%

市内飲食店利用促進策

還元額 予算の5% 経済

「レシ活」利用低調

1月20日号

3回目、1カ月前倒し

ワクチン接種

3回目、1カ月前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

生理用品を無償提供

フォーラム南太田

生理用品を無償提供 社会

コロナ禍の女性を支援

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月26日18:36更新

  • 1月24日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に

27日から 赤レンガでイベント

1月27日~1月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook