南区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

(PR)

花粉症到来 「目のかゆみ」眼科におまかせ! 取材協力/かめざわ眼科

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena

 2月に入り、いよいよ花粉症の季節が到来。鼻水や目のかゆみに悩まされる人も多く、国民病といわれるほどだ。地元の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ──花粉症を詳しく。

 「花粉が目や鼻の粘膜に接触することで起こるアレルギーです。症状は目や鼻のかゆみ、鼻水、鼻づまり、まぶたのかぶれ・腫れなど。睡眠障害や集中力の低下につながり、仕事や勉強に悪影響が出ることも。スギ花粉が代表的ですが、日本にはスギ以外にも花粉症を起こしやすい花粉が年中飛散しています」

 ──診断や治療は。

 「眼科では顕微鏡を使って目を詳細に観察し、アレルギー性結膜炎(目の花粉症)を診断します。涙でアレルギー反応を確認する検査や、アレルゲンを調べる血液検査も行います。治療は抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬などを重症度によって使い分けます。

 ステロイド点眼薬・眼軟膏は即効性や高い効果が期待できますが、まれに眼圧上昇による緑内障や角膜感染症などの副作用が出ることもあるので、眼科医の指示に従い適切に使いましょう」

 ──受診の時期は。

 「眼科でしか行わない検査や治療もあるので、症状がつらい場合は点眼薬や内服薬などを使っていても眼科受診をおすすめします。症状を和らげるためには、花粉が本格的に飛散する前に点眼薬や内服薬を使う初期療法や花粉症対策メガネ・洗眼なども有効です」

■かめざわ眼科 南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113 9時〜12時/15時〜18時 木曜、土曜・日曜は午後休

かめざわ眼科

横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

TEL:045-731-1113

https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

南区版のピックアップ(PR)最新6

「リースバック」で資金を有効活用

ウスイホーム上大岡店

「リースバック」で資金を有効活用

自宅売却後もそのまま住める

12月2日号

車売るなら課税前に

タックス港南

車売るなら課税前に

丁寧・親身な地元店へ

12月2日号

目の不快感 ドライアイかも

充血・目やには危険信号

目の不快感 ドライアイかも

取材協力/かめざわ眼科

12月2日号

注入だけの若返りシワ治療

症例6万4千件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

12月2日号

若き精鋭が関内に

ジャズプロ外 伝

若き精鋭が関内に

12月17日 スペシャルライブ

12月2日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook