南区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

画家で2月27日まで中区の「ギャルリーパリ」で個展を開いている 伊藤 久美子さん 別所中里台在住

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena

偶然から始まる想像を絵に

 ○…作品展ではアクリル絵の具を使い、花や風景をモチーフにした35点のほか、期間中に在廊し、25mの巻物に絵を描く方法を初めて企画。「日記を書くような感覚でとても楽しい」と話し、金魚や猫が登場する「絵巻物」がギャラリーの中央に広がっている。

 ○…幼少期から「気が付いたら紙と鉛筆を持っていた」といい、中学、高校は美術部。文化祭で教室を葉っぱで覆い、秋の雰囲気に一変させたことが思い出。絵を本格的に描き始めたのは、結婚・出産後に子育てが一段落してから。約20年前、元町のアトリエに通い始め、独創的な絵と線のタッチが周囲から高評価を集める。日展の審査員を務めるような著名な画家に声を掛けられ、構図の基本を一から学び、すぐに作品展で入賞するほどの実力を付けた。

 ○…「最初は描きやすい花ばかり描いていた」というが、師匠の下で技術を磨いた。ローラーなどで不規則な線を描き、そこを起点に作品を展開していく手法を好み「偶然できる線が面白い」という。雑誌や映画、パソコン画面にある画像などを頭の中にインプットし、作品のヒントにする。物を見て描くのではなく、創造の世界をキャンバスに広げる。

 ○…ある時、作品を見た人から「絵から音楽が聴こえてくるようだ」と言われたことに大きな喜びを感じた。「見た人が自由に発想できるような絵を描きたい」と今後は抽象画の幅も広げる。制作に行き詰まる時もあるが「唯一、アドバイスしてくれる存在」という夫が支えてくれる。作品作りの際は常にクラシックを聴く。「絵がうまいと思わないけど、人と違う点がいいのかな」と大好きな楽器であるチェロの音色のように、豊かな響きと心地良さを見た人に与える絵を描き続ける。

南区版の人物風土記最新6

中村 康伸さん

写真家で香港の民主活動家などを撮影した作品展を開いている

中村 康伸さん

伏見町在住 51歳

4月22日号

今山 徹さん

4月から南消防署長に就任した

今山 徹さん

浦舟町勤務 58歳

4月15日号

志村 直樹さん

南太田でレンタルシェアキッチンを運営し、飲食店のマルシェを支援する

志村 直樹さん

南太田出身 40歳

4月8日号

中崎 サンニさん

みなみ市民活動・多文化共生ラウンジに登録されている「街の先生」で、インドネシア文化を発信する

中崎 サンニさん

若宮町勤務 48歳

4月1日号

谷原 章介さん

フジテレビの朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

3月25日号

曽根 雅文さん

国士舘大学の4年生で、少年野球チーム「大岡藤ノ木スワローズ」のマラソン教室の講師を務めた

曽根 雅文さん

中里出身 22歳

3月18日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷公会堂で大会

全日本プロレス

保土ケ谷公会堂で大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter