南区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

永田台小 総合学習で郷土愛育む 映像制作や和太鼓演奏

コミュニティ教育

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
プロジェクションマッピングを上映
プロジェクションマッピングを上映

 市立永田台小学校(武山朋子校長)の5、6年生が総合学習の中で相次いで地元を元気付ける取り組みを行った。児童は昨年7月頃から準備を進め、住民とコミュニケーションを図り、郷土愛を醸成していった。

視覚で伝える

 5年1組の34人は新型コロナウイルスの影響でまちのイベントが中止となり、意気消沈する住民を元気付けようと、壁に立体風の映像を映し出す「プロジェクションマッピング」を作った。

 映像は小学校近くの南永田団地の活性化に努める住民や児童の見守り活動に取り組む人のインタビューと、祭りの様子などを描いたパラパラ漫画を組み合わせたもの。約10分間に地域の魅力を詰め込んだ。

 編集や構成の一部は映像制作会社の社員がサポートしたが、取材先への依頼や交渉、パラパラ漫画作りは児童主導で進行。約8カ月かけて完成させた。3月18日の夜、保護者や住民を校庭に集めて作品を上映すると、観客からは惜しみない拍手が送られた。

 担任の三石聡美教諭は「制作当初は内輪ネタばかりだったが、授業を重ねるごとに『相手に伝わるもの』という観点を持つようになったし、自主性も表れた」と話し、児童の成長を実感した。

音色でまち元気に

 6年2組は「コロナに負けるな」を合言葉に、和太鼓演奏にチャレンジした。地域に高齢者が多いことから、世代になじみのある「弾打」と「ソーラン節」を発表することにした。

 永田台コミュニティハウスを拠点に活動する「横濱太々鼓(ででんこ)」に師事し、昼休みや放課後など、総合学習以外の時間も練習に取り組んだ。伸び悩む時期もあったというが「6年間の集大成を見せたい」との思いで壁を乗り越えた。

 発表当日は約80人の前で練習の成果を披露。力強い和太鼓の音色に観客は聴き入った。担任の守屋みなみ教諭は「子どもたちの心のつながりを感じて感動した。和太鼓の先生や見に来てくれた皆さんに感謝する姿に感心した」と振り返った。

 小学校の取り組みについて、永田みなみ台連合自治会の常木敬司会長は「まちの活性化にとどまらず、児童に活躍の場を与える良い活動。子どもたちの努力を無駄にしないためにも、大人も地域を盛り上げる方法を考えなければ」と話した。
 

和太鼓を演奏する児童(奥)
和太鼓を演奏する児童(奥)

南区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月7日号

「成人18歳」知って

「成人18歳」知って 社会

市、人気アニメと連携企画

5月7日号

セブンでボトル回収

セブンでボトル回収 社会

市と共同、南区9店舗に

5月7日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月7日号

市財政 大学生伝える

市財政 大学生伝える 社会

若者意識し、ウェブ発信

5月7日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter