南区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

南太田 共有調理場で飲食店応援 製造・販売後押し

経済

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena
「飲食店と住民をつなぐ架け橋になりたい」と話す志村さん
「飲食店と住民をつなぐ架け橋になりたい」と話す志村さん

 南太田駅そばのレンタルシェアキッチン「シムズキッチン」が通信販売などの店舗を持たない飲食店を支えている。新型コロナウイルスの影響で人との接触を極力控える営業形態が推奨される中、店主の営業意欲を促進。月1回、同キッチンの登録者で企画する「ミニマルシェ」の開催のサポートも行い、住民と店の関係構築としての機能も担う。

 シェアキッチンとは、複数人が調理場を共有できる場所。販売する飲食物は菓子製造業許可や飲食営業許可などを取得したキッチンで調理する必要があるため、店舗を持たない事業者にとって生命線となる。

 シムズキッチンは会員制で1人に付き1時間500円から利用できる。昨年6月に同所を立ち上げた志村直樹さん=人物風土記で紹介=は「菓子製造と飲食店の機能を持つシェアキッチンは南区では珍しい」と話す。

知人の声 ヒントに

 志村さんは3歳から20歳まで南太田で暮らし、現在は町田市でリフォーム店を経営する。「何かしらの形で地元の活性化に貢献できれば」との思いで、2019年に空き家だった実家を改装して民泊を始めた。

 順調に営業していた矢先、新型コロナの影響でキャンセルが相次ぎ、経営が困難になった。そんな時、通信販売の菓子店を営む知人の「菓子製造ができる場所があれば」との声がヒントに。昨年6月、建物の2階を改装してシェアキッチンを作った。コロナ禍で非接触型のサービスが求められる中、「遠方のキッチンまで行かなくて済む」など喜びの声が上がった。

 より多くの人のニーズに応えようと、その後は1階も改装し、民泊を廃業。現在は菓子製造許可付きのキッチンが2つ、飲食営業許可付きのカフェが1つ設備されている。さらなるスペースの拡張を目指し、今も増築工事に取り組んでいる。

マルシェで交流

 志村さんは普段は接客する機会がない店主が地域住民と交流し、商品を宣伝できる場を設けようと、キッチンの会員同士で企画する「ミニマルシェ」の開催を提案。1月から月1回、会員主導で行っている。

 志村さんは「自分を育ててくれた南太田に感謝し、まちに良い変化を与え続ける工夫を凝らしていきたい」と話し、新たなイベントも検討する。
 

<PR>

南区版のトップニュース最新6

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付き商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

4月15日号

「外国人指導チーム」発足

南消防団

「外国人指導チーム」発足 社会

市内初、日中韓合同で

4月15日号

共有調理場で飲食店応援

南太田

共有調理場で飲食店応援 経済

製造・販売後押し

4月8日号

南区人口 ほぼ横ばい

南区人口 ほぼ横ばい 社会

市、国勢調査の結果発表

4月8日号

「小学生にマーチングを」

「小学生にマーチングを」 教育

教員、バンド設立資金募る

4月1日号

コロナ相談 委託で強化

2021年度南区予算案

コロナ相談 委託で強化 社会

感染症対策に重点

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

  • あっとほーむデスク

    4月11日22:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter