南区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

硬式空手の「全日本総合武道選手権大会」の高校生軽量級の部で優勝した 角田(かくた) 拳悠さん 中里在住 18歳

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

父と突き進む空手道

 ○…顔や上半身に防具を付け、突きや蹴りを出す「硬式空手」。コロナ禍で約2年ぶりの大会出場となったが、優勝を決めた。大会は3月に予定され、高校生として臨む最後の大舞台だったが、福島県沖地震の影響で6月に延期され、当初の出場予定者がそのまま戦った。小学生のころから2位や3位が続いていた大会だけに「勝ちたいと思っていた」と狙い澄ましたVだった。

 ○…父・宜優さんの影響を受けて中学1年から空手を始めた。40歳を超えても大会で戦い続ける父の指導を受けながら、二人三脚で力を付けた。2017年には「全日本空手道選手権大会」の防具付部門で父と自身がそれぞれの年齢別種目で優勝。「親子同時優勝」の快挙を成し遂げた。最近、父が若いころの試合映像を見て「後ろ姿が自分とそっくりだと感じた」と笑う。

 ○…防具を付けるとはいえ、相手と激しい接触がある競技。「最初は恐怖心があった」というが、実力上位の有段者とぶつかることで恐怖心を闘争心に変えた。「スピードには自信がある」といい、175cmという身長以上の大きさを感じさせる。父が代表を務める「浜風会はまっこ道場」では指導役を務める。「練習する小さい子に目を向け、困っていることがないかを意識していると」話し、それが日ごろの生活でも周囲や家族、友人への気配りにもつながっている。

 ○…代々木の学校で宅地建物取引士を目指して猛勉強中。「代々木でいろんなラーメンを食べたけど、弘明寺の『壱八家』が一番おいしい」と白い歯を見せる。今後の大会では年長者と戦う。目標は父が果たせなかった世界大会への出場。父から譲り受けた日の丸のワッペンを道着に付けて前へと突き進んでいく。

南区版の人物風土記最新6

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

廣山 典子さん

南防犯協会の事務局長で、特殊詐欺などの犯罪防止に努める

廣山 典子さん

大岡勤務 54歳

9月2日号

中島 一雄さん

平戸桜木道路の花壇を整備し、5年前から一人で周辺のごみ拾いを続ける

中島 一雄さん

六ツ川在住 78歳

8月26日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月19日号

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook