南区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った 小石 昌矢さん 横浜総合高校3年 17歳

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

夢舞台へ駆け上がる

 ○…「温かい声援が背中を押してくれた」。走り終えた後は大きな達成感が生まれたという。自身はパラ水泳選手。パラリンピックで躍動するライバルたちの姿を目に焼きつけたことで夢が大きく膨らみ、「3年後のパリ大会は自分も出場したい」と意欲を燃やす。

 ○…戸塚区出身。生まれつき、手足に障害がある。父・純一さんの勧めで4歳から水泳を始めた。水への恐怖心があったが当時のコーチに「『魔法のゴーグルだよ』と手渡されたゴーグルを装着したら不思議と潜れるようになった」と笑う。普段は港北区のバリアフリーが備わったプールを拠点に活動するがコロナ禍の影響で営業時間が短縮されたため、休日に純一さんの車で静岡県のプールに足を運ぶ。「限られた練習時間の中で良い結果を出すための意識が高まった」と話し、自宅で行う筋肉トレーニングは30分間と決めて集中力を発揮する。

 ○…最近、障害が一段階軽度なクラスに変わったことで、今までよりも速いタイムを求められるようになった。200m自由形の自己ベスト記録は3分28秒だが「あと10秒はタイムを縮めないと上位の選手とは勝負にならない」ときっぱり。「メダル獲得には3分を切る泳ぎが必要。1年、2年と練習を積み重ねていき、世界で通用するメダリストになりたい」

 ○…息抜きは対戦型のオンラインゲーム。「コロナで大好きなカラオケができないというストレスを発散できる」と笑う姿は今どきの高校生だ。学校帰りに行きつけの弘明寺商店街のカフェでくつろぐなど、登校する度に南区への愛着が強まる。「皆さんの目に触れるような活躍を見せて、南区の方々からも応援してもらえるように成長したい」。誠実さと若き力で未来を切り拓く。

南区版の人物風土記最新6

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ギターで話題曲挑戦

吉野町市民プラザ

ギターで話題曲挑戦

 講座受講者を募集

10月31日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook