南区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

ワクチン 市大病院で深夜・早朝接種 10月から、週末1日120人

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
深夜・早朝の接種が行われる市大センター病院
深夜・早朝の接種が行われる市大センター病院

 横浜市は新型コロナウイルスのワクチン接種などに関する「加速化プラン」を9月17日に発表し、横浜市大附属市民総合医療センター(市大センター病院)=浦舟町=で10月以降、深夜から早朝に接種を行う計画が示された。ほかに、若者向けの接種会場を関内駅そばに設けるほか、LINEを使った予約受付を行うなどし、10月末までに希望者全員の2回接種を目指すとした。加えて、コロナ対応専門病院の開設検討を始めるなど、医療体制の充実も図り、”第6波”への備えを進めていく。

 これまでの市の見込みでは、全世代の7割が2回のワクチン接種を終える時期を11月末としていた。しかし、9月以降、国からの供給量が想定より増えたことで計画を見直し、「10月末までに全世代の8割が接種できることを目指す」と”上方修正”した。市によると、65歳以上の高齢者の接種率は9月15日時点で84・3%、全世代では51・2%。今後、12歳〜64歳の接種迅速化に重点を置く方針だ。

午後10時〜午前7時

 発表したプランでは、多様なライフスタイルに合わせた接種を進めるため、10月から6週間、金、土曜日の午後10時〜午前7時に市大センター病院で1日約120人の接種を行う。市内在住の18歳以上が対象。

 若い世代へ向けては、16歳〜39歳を対象に10月から6週間、週6日、関内駅そばの関内中央ビルで1日約1千人に接種を行う。火〜木、土、日曜日は午後2時〜9時、金曜日は4時〜11時。

 両会場ともワクチンはファイザー社製で、接種には事前予約が必要。予約方法などの詳細は今後発表される。

 16日から、LINEを使った予約受付も始めた。市公式アカウントを登録し、そこから接種券番号と生年月日を入力して、集団接種会場など、市の予約サイト、センターと同じ予約枠に対して予約できる。

 ワクチン接種と同時に医療体制を強化するため、「コロナ専門病院」を11月中に開院できるよう、検討を始めた。17日の記者会見で山中竹春市長は専門病院について「対象者は検討を進めているが、病床は最大で100床弱」と説明した。さらに、今後のコロナ対策を検討するため、地域医療の関係者など10人程度の有識者から意見を聞く「アドバイザリーボード」を開くことも決めた。山中市長は「現場の専門家だからこその情報を聞き、市の対策にフィードバックさせたい」としている。

 ワクチン接種に関する問い合わせは市コールセンター【電話】0120・045・070。
 

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook