南区版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

横浜FC 来季の健闘誓う シーズン終了で区長訪問

スポーツ

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
松山区長(左)に全選手のサイン入りユニフォームを渡す高橋選手
松山区長(左)に全選手のサイン入りユニフォームを渡す高橋選手

 サッカーJ1リーグの横浜FCの選手や関係者が12月8日、南区役所を訪れ、松山弘子区長に今シーズンの報告などを行った。

 横浜FCは保土ケ谷区に拠点を構え、南、戸塚、旭、瀬谷、神奈川の計6区を「ホームタウン」としている。今シーズンは6勝9分23敗の勝ち点27で20チーム中最下位に終わり、J2降格となった。

 ユニフォームシャツ姿の区職員が拍手で迎える中、区役所にはDF高橋秀人選手や上尾和大社長らが訪れた。10月には「みなみ区民DAY」として、ニッパツ三ツ沢球技場での試合に南区民を優待。試合は5-3で勝利。みなみ区民DAYは3年連続勝利となったことから、チーム関係者からは「来年は、みなみ区民DAYを10試合くらいやりたい」との冗談も飛び出した。

 日本プロサッカー選手会の会長も務める高橋選手は「コロナ禍でも有観客で試合ができる環境を作ってくれた関係者に感謝したい」とした上で「感染防止のため、練習以外の場所で選手同士のコミュニケーションが取れず、信頼関係を構築するのが難しかった」と振り返った。「(J1に)残留するんだという一体感をもって戦ってきたが、選手をまとめきれなかった」とし、1年でのJ1復帰を目指して望むことを誓った。

 全選手のサイン入りユニフォームをプレゼントされた松山弘子区長は「コロナ禍でのチームづくりの難しさは、区役所の組織運営につながる部分もある」とし、今後も区民と区役所が一丸となってチームを支えていきたいとした。

南区版のローカルニュース最新6

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ 文化

24日から、吉野町で写真展

5月19日号

市会の所属委員会決定

市が受入・定着を後押し

外国人の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月19日号

約250のプログラム展開

約250のプログラム展開 文化

横浜音祭りの概要発表

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

幸福実現党から壹岐氏 政治

参院選神奈川選挙区

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook