南区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

【Web限定記事】高根町のNPO法人「教育支援協会南関東」 寄り添い型学習支援事業でも委託費不正 2年間で約373万円、市が返還求める

教育

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は12月22日、南区など7区で「寄り添い型学習支援事業」を市から委託を受けて行っている特定非営利活動法人「教育支援協会南関東」(本部・高根町、岩間文孝理事長)が2019、20年度の委託費373万2千円を過大に請求し、受給していたことを発表した。同日、同法人へ返還を求める通知書を交付した。

 同法人は、今年5月、市から委託を受けていた小学校の放課後キッズクラブで勤務実態のない職員の人件費などを市に請求し、約322万円を不正受給していたことが判明した。それを受けて、同法人が委託を受けているほかの事業でも不正がないかを確認した結果、過大請求が発覚した。

 市によると、19年度は245万4900円、20年度は127万7100円を過大請求として把握。法人側はスタッフの勤務予定と実際の勤務に差があるにもかかわらず、確認せずに請求書類を作っていた。実際に勤務していないスタッフの勤務実績を書き加えたものもあったという。

 市は16年度から18年度分についても調査を実施するのと同時に、法人が再発防止策を講じているかを確認していく。

 寄り添い型学習支援事業は、生活困窮などの課題を抱える世帯の子どもを対象に、NPO法人などに市が事業を委託し、将来の自立のため、高校進学に向けた学習支援や高校生世代の支援を行うもの。大学生らのボランティアスタッフが個別の学習支援を行うことが多い。

 同法人は南区の4カ所を含め、7区で17カ所を運営している。

南区版のローカルニュース最新6

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ 文化

24日から、吉野町で写真展

5月19日号

市会の所属委員会決定

市が受入・定着を後押し

外国人の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月19日号

約250のプログラム展開

約250のプログラム展開 文化

横浜音祭りの概要発表

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

幸福実現党から壹岐氏 政治

参院選神奈川選挙区

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook