南区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

市内飲食店利用促進策 還元額 予算の5% 「レシ活」利用低調

経済

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
アプリでレシートを撮影するイメージ
アプリでレシートを撮影するイメージ

 コロナ禍の影響で苦境に立たされている飲食店を支援しようと、横浜市が昨年12月から始めたレシートを活用した飲食店利用促進事業「レシ活チャレンジ」の利用が想定を大幅に下回っている。1月13日時点でのポイント還元金額は予算の上限の約5%にとどまっており、市は利用促進に向けて消費者の手間を少なくしたり、PRを強化する方針だ。

レシートを投稿

 「レシ活」は市内飲食店のうち、県が発行する「感染防止対策取組書」を掲示してレシートを発行している店舗を利用し、専用のアプリ「ONE」を通して取組書とレシートを投稿すると、後日、利用金額の5%がポイント還元されるもの。ポイントはアプリ上で電子クーポンへの交換や個人口座への出金も可能。

 昨年12月に開始し、今年2月28日までの予定。還元上限は1人1万円分(利用金額20万円)。店内飲食、テイクアウト、デリバリーを合わせ、1日にレシート3枚まで投稿できる。還元用に2億円の予算を用意した。

 市経済局によると、1月13日時点での取組書・レシート投稿件数は4万8078件で、総利用額は1億8984万2886円。還元額は約950万円で、予算額の4・75%にとどまる。同局は「(想定より)遅いペース」と漏らす。

利用者「撮影が手間」

 市は飲食店側がレシ活の申し込みや登録を行う煩雑さを避けるため、既存の取組書とレシートを用いる方法とし、登録は利用者側だけが行うことにした。しかし、利用者からは「スマホで取組書を撮影するのが手間」といった声が市に寄せられている。また、事業自体を知らない店舗もあり、取組書を撮影する利用者を「保健所が見回りに来たのかと思った」と勘違いした店主もいる。

 県が昨年10月から始めたポイント還元事業「かながわPay」は、事前に登録された飲食店以外も対象で、利用者は専用アプリを通して指定のスマホ決済を行うと、最大20%分がポイント還元される。利用が伸び悩んでいたため、12月下旬利用分から、ポイント付与の上限を1万円相当から3万円相当に引き上げた。

 レシ活の利用伸び悩みを受け、市は1月中をめどに取組書とレシートの2つを投稿する方法を見直し、利便性を向上させる方針だ。低迷の要因を「周知が足りていない」とし、地下鉄での配信広告やデジタルサイネージでのPRを強化する。同局は「飲食店支援のため、参加方法の修正と広報強化を行い、利用増を目指したい」と話す。

品揃え日本一のキムチの店!福美

横浜橋通商店街「福美」は5月26日~29日 全品20%引き

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14015196/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

SNSの注意点学ぶ

蒔田中1年生

SNSの注意点学ぶ 教育

慶大生、実例交えて講義

5月26日号

地区懇 3年ぶり全地区で

地区懇 3年ぶり全地区で 社会

地域活動のヒント共有

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

スマホで地域貢献

井土ケ谷パチンコ店

スマホで地域貢献 経済

飲食店、避難場所など紹介

5月12日号

来春、新たな区民まつり

来春、新たな区民まつり 社会

「桜」と「南」を統合

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook