神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
南区版 公開:2022年3月17日 エリアトップへ

市「教育センター」再整備へ ICT化対応の研修施設

教育

公開:2022年3月17日

  • LINE
  • hatena
研修室のイメージ(市教育委員会提供)
研修室のイメージ(市教育委員会提供)

 横浜市はこのほど、教員らの研究・研修等を目的とした「新たな教育センター」の開設に向けて事業者公募を実施した。2028年度をめどに開設予定の同センターでは、学校教育の急速なICT化も踏まえ、オンラインを活用した教員の研修や、市立学校の児童生徒の学習データ等を集積・研究した上で教育現場に反映させる。

分散した機能を集約

 教育活動の拠点として横浜市には以前、関内駅近くに「教育文化センター」があったが、東日本大震災による被害で耐震上の課題が生じたため、13年に閉鎖。20年の市庁舎移転の際にもセンター機能が集約された場所が庁舎内に設けらず、関内地区を中心に複数の民間ビルにこれまでの機能が分散した状態が続いていた。

関内・桜木町に

 新たに再整備する「教育センター」は関内・桜木町駅エリアに整備予定で、分散していた機能の集約による効率化が一つの狙い。教員の研修施設のほかに、児童生徒や家庭からの相談に対応する教育総合相談センター=西区=と特別支援教育総合センター=保土ケ谷区=などを統合する。

 都市部を立地に選んだのは、IT企業や大学との交流で最新の情報や専門的知見を教育現場に反映させたい狙いという。

課題改善に反映

 教育センターの基本構想は20年3月に策定したが、その後に新型コロナの影響を受けて学校教育現場のICT化が一気に進んだため、昨年12月に「(仮称)スマート教育センター」と構想を改めた。横浜は全国最大の政令指定都市として、508校、約26万人の児童生徒が在籍しており、学力テストをはじめとする学習状況のほか「いじめ」や不登校など情報・データの集積・研究を通じて、教育現場の課題改善・解消も期待される。

 さらにオンライン授業のニーズにも応えるように授業動画の撮影やライブ配信のためのスタジオ設備も盛り込んでいる。

 市教育委員会事務局の担当者は「例えば市内の学校にセンターからライブ授業を一斉配信することもアイデアの一つ。社会状況の変化に対応しうる柔軟な施設であることも重要な時代」と話す。

南区版のローカルニュース最新6

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

【Web限定記事】

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

子どもの成長、ニーズに合わせたタイムリーな情報を提供

2月24日

きょうからカメラの催事

きょうからカメラの催事

パシフィコで「CP+」

2月22日

糸縄神社で24日フリマ

高齢者支援へ関係者が会議

Aoiさん 日本代表チア

Aoiさん 日本代表チア

 プロバスケ 横浜エクセレンス

2月22日

「みなっち」仕様 防災ボトル

「みなっち」仕様 防災ボトル

自治会・団体向けグッズ

2月22日

買取おりづる横浜弘明寺店 買取強化キャンペーン

テレカ50度数390円~、シート切手70%~、メッキアクセサリー大歓迎!そのほか何でもご相談ください

https://oriduru-shop.jp/yokohama-gumyoji/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

公会堂でサックス

公会堂でサックス

3月10日、カルテット出演

3月10日~3月10日

南区版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook