南区版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

自民党横浜市会議員団 横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯 募金280万円をオデーサ市に国際送金

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena
自民党横浜市会議員団・無所属の会
自民党横浜市会議員団・無所属の会

 2月24日に始まったロシアによるウクライナへの侵略は、ピースメッセンジャー都市として、自治体間での国際連携によって平和を希求し、オデーサ市を姉妹都市としている横浜市民にとって、許すことの出来ない暴挙です。横浜市会では、翌25日に清水議長名で、大国による一方的な侵略行為の即時停止を求め、オデーサ市民およびウクライナの平和と安全を祈る緊急声明をいち早く行い、3月23日には「ロシアによるウクライナへの侵略を非難するとともに、国際紛争における武力行使の根絶を求める決議」を全会一致で採択しました。

 この間、私たち会派が主導して、横浜市庁舎のウクライナ国旗をモチーフとしたライトアップなども行い、市では市庁舎や各区役所での献花や募金活動、ウクライナから避難してくる人々への市営住宅提供の準備、受け入れに関する相談窓口の設置、山中市長・清水議長・高橋副議長とオデーサ市長とのオンライン会議なども行ってきましたが、横浜市からの義援金の他に、自民党横浜市会議員団としても各議員が街頭などでの募金活動を行い、総額280万7058円をオデーサ市長から指定されたウクライナ赤十字オデーサ支部の口座に国際送金しました。

 マリウポリやハルキウなど多くのウクライナの都市がロシア軍の無差別攻撃を受け破壊されていますが、4月4日現在、オデーサでは、港をロシア海軍によって包囲され、女性や子供を含めた市民が市街地に土嚢を積み、大規模な攻撃に備えています。フランスのマルセイユ市は救急車を提供し、イギリスのリバプール市はサッカーチームも募金を行うなど、世界の姉妹都市がオデーサと連帯している中で、私たちも横浜市と連携し、できる限りの支援を続けていきます。

自民党横浜市会議員団

横浜市中区本町6-50-10

https://jiminyokohama.gr.jp/

南区版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

免許更新制の廃止を受け

教員の負担減目指す 県政報告

免許更新制の廃止を受け

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

5月26日号

命、子どもの未来守る

市政報告

命、子どもの未来守る

横浜市会議員 渋谷 たけし

5月12日号

避難民支援の連携強化

各自治体、ウクライナの力に 県政報告

避難民支援の連携強化

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

4月28日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook