南区版 掲載号:2022年4月14日号 エリアトップへ

4月から南区長に就任した 鈴木 健一さん 59歳

掲載号:2022年4月14日号

  • LINE
  • hatena

現場主義でまちをデザイン

 ○…重責を任され「最初は驚いたが、就任直後からいろいろな人に出会い、南区民のあたたかさを感じた」と喜びを表現する。3月までの2年間は、財政局で公共事業の発注ルール策定や技術職の人材育成を管轄する部署の責任者を務めるなど、区民と直に接する機会が少なかっただけに、これから訪れるであろう、多くの出会いを心待ちにしている。

 ○…磯子区杉田出身。にぎわっている商店街の近くで生まれ育った。飛鳥田一雄市長時代にみなとみらい(MM)21の開発など「六大事業」を打ち出し、その後の横浜のまちづくりに大きな影響を与えた元市職員の田村明さんの著書を読み、「横浜市で働きたい」と強く思い、1985年に技術職として入庁。南本牧ふ頭周辺やMM21地区の整備に携わった。特にMM21の整備は当時の高秀秀信市長の肝いり事業で、「庁内はもちろん、外部の団体とも折衝を重ね、良い経験になった」と振り返る。整備に携わった場所の今の姿を見て「鉛筆で図面を書いた場所が地図に残るとは」と目を細める。

 ○…モットーは「現場主義」。土木事務所勤務時代、住民からの申し出などには、利害が反する両者の言い分を聞き、現場を目で見た上で判断を下した。区長としても「地域のイベントが開かれるようになれば、出向いていきたい」と早くも意欲を見せる。

 ○…泉区で妻、次男と暮らす。「まち歩きと食べ歩きが趣味」といい、南区のラーメン店巡りを続ける。コロナ禍前は、「ドライブしながら温泉や花火を楽しみ、そばを食べるのが至福の時だった」と笑う。「常にポジティブシンキングで、できることからやっていきたい」と語り、南区の現場を見つめ、まちをデザインしていく。

南区版の人物風土記最新6

田中 重雄さん

地元産の竹を使って竹細工を作る「竹遊会」のメンバーで、普及活動を行う

田中 重雄さん

永田南在住 77歳

6月23日号

伊草 祥子さん

市立南図書館の司書で、地域で読書の魅力を伝える活動に取り組む

伊草 祥子さん

弘明寺町勤務 28歳

6月16日号

坂本 和枝さん

今年4月から「南区ゲートボール連合」の会長を務め、競技普及に取り組む

坂本 和枝さん

井土ケ谷中町在住 81歳

6月9日号

金子 裕さん

南消防団の本部部長で藍綬褒章を受章した

金子 裕さん

真金町在住 68歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

南太田出身 36歳

5月26日号

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook