南区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

三ツ沢に新球技場構想 利用枠確保へ市が案示す

社会

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena
市が公表した配置イメージ図。オレンジ色の部分が新たな球技場の建設候補地
市が公表した配置イメージ図。オレンジ色の部分が新たな球技場の建設候補地

 横浜市は三ツ沢公園=神奈川区=に新しい球技場を建設する方針を示した。市民利用、プロスポーツの双方の利用枠を確保するためで、既存の球技場は残し、現球技場と陸上競技場の北側を新設候補地としている。現在の「ニッパツ三ツ沢球技場」はJリーグなどのサッカーチームが多く使用しており、新球技場建設の方針にファンからは歓迎の声が聞かれるが、建設費用などはこれから検討するとしており、財政難に苦しむ市の構想に疑問の声も出ている。

プロ6チーム使用

 三ツ沢球技場は1955年に建設され、64年の東京五輪ではサッカー会場として使用された。現在は市民の利用に加え、横浜F・マリノスや横浜FC、YSCC横浜といったJリーグをはじめ、ラグビーリーグワンの横浜キヤノンイーグルスなど6つのプロスポーツチームが使用。年間で100日前後使われており、国内の球技場の中でも突出している。

現施設は屋根なし

 建設から58年が経過し老朽化が進むとともに、観客席に屋根がなく、雨の中での観戦を余儀なくされている。3年前には当時、横浜FCに所属していた三浦知良選手(現鈴鹿ポイントゲッターズ)が当時の林文子市長を表敬訪問した際、「雨の日はサポーターがビショビショになってしまうので協力してもらえたら」と屋根の改修を直接、要望していた。

 バリアフリー化も不十分であることなど、Jリーグのスタジアム基準を満たしていないことから、市は球技場の改修やこれに伴う再整備に向けた検討を進めていた。

 既存のメインスタンドに屋根を増設する案やスタンドの建て替えなども検討されたが、屋根を設けることで芝生の日照時間が減少するほか、生育のために稼働日数も減らす必要があり、市は市民とプロスポーツ両者の利用枠確保が困難になると判断。6月1日の市会常任委員会で公園を所管する環境創造局の遠藤賢也局長が新球技場の整備方針を示した。

 建設場所の候補地は公園北側で、補助陸上競技場や第2テニスコート、青少年野外活動センターなどがあるエリア。現在の球技場と陸上競技場はそのまま残し、活用を続ける方針だ。

賛否の声

 現段階では、建設費やスタジアムの規模、完成予定時期などは具体化に至っていない。新たな球技場整備の方針にサッカーやラグビーファンからは歓迎する声が聞かれる一方、市が財政難であることや整備候補地に桜が植えられおり、その扱いを危惧する声も出るなど、否定的な意見も出ている。

 市は今夏に市民意見募集を行う予定で、「構想段階で市民の方々から意見を頂くことで、公園への思いやニーズを把握しながら検討を進めていきたい」としている。

南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

中村で七夕フェスタ

中村で七夕フェスタ 文化

3年ぶり開催へ

6月30日号

まち普請審査市役所で公開

期日前投票所は区役所と図書館

災害時協力 市と協定

市仏教会

災害時協力 市と協定 社会

境内を避難所などに提供

6月30日号

区民の健康を守る

南区役所幹部に聞く

区民の健康を守る 社会

〈2〉木村博和 福祉保健センター長

6月30日号

夏の横浜 熱い戦い

全日本プロレス

夏の横浜 熱い戦い スポーツ

7月9日 長者町で大会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中村で七夕フェスタ

中村で七夕フェスタ

3年ぶり開催へ

7月3日~7月3日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook