南区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

地元産の竹を使って竹細工を作る「竹遊会」のメンバーで、普及活動を行う 田中 重雄さん 永田南在住 77歳

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena

職人魂 「誰かのために」

 ○…「自然豊かなまちの魅力を子どもたちに伝えていきたい」--。熱い想いを掲げ、中心メンバーの一人として活動する。元職人で手先の器用さはピカイチ。作品作りを牽引する。「永田南で暮らして48年。地元の皆さんとまちに恩返しの気持ちで貢献したい」と誠実に語る。

 ○…南太田小、蒔田中の出身。大岡川の近くの井土ケ谷下町で生まれ育った。中学卒業後は、7人きょうだいの長男として家計を支えるため、水道管工事などを行う職人の道へ。30歳のころに妻の地元の永田南に移り住み、内装リフォームの会社を立ち上げた。子どもが生まれ、子ども会の活動を手伝ったことがきっかけで、南永田中町内会に入会。副会長や防災担当など、さまざまな要職を任された。「仕事と地域活動の両立は楽ではなかったけど、子どもたちの笑顔を見ると、そんな苦労は一瞬にして忘れたね」と微笑む。

 ○…70歳の時に膝痛が悪化して仕事を引退し、町内会の活動も第一線から退いた。そんな中、「まだ自分にもできることがあるはず」という感情が芽生えた。「職人の自分が役に立てる場所」と考え、「竹遊会」に入会。今は新しく入ったメンバーに竹とんぼの作り方などを教えるキーマンとして頼りにされる。「昔と比べて地域活動が少なくなる中、竹遊会に入ってくれる人がいる。その人たちの役に立ち、創設時から会を支える先輩方の力になりたい」

 ○…中学3年と小学6年の孫が井土ケ谷下町の実家で暮らす。孫たちに会いに大岡川沿いを歩く度に「友達と一緒にトンボを捕まえて遊んだ記憶が蘇る」と話す。「川がきれいになったり、田んぼが家になったり、街並みは変わったけど、思い出は変わらない」と故郷への思いを語った。

南区版の人物風土記最新6

田中 重雄さん

地元産の竹を使って竹細工を作る「竹遊会」のメンバーで、普及活動を行う

田中 重雄さん

永田南在住 77歳

6月23日号

伊草 祥子さん

市立南図書館の司書で、地域で読書の魅力を伝える活動に取り組む

伊草 祥子さん

弘明寺町勤務 28歳

6月16日号

坂本 和枝さん

今年4月から「南区ゲートボール連合」の会長を務め、競技普及に取り組む

坂本 和枝さん

井土ケ谷中町在住 81歳

6月9日号

金子 裕さん

南消防団の本部部長で藍綬褒章を受章した

金子 裕さん

真金町在住 68歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

南太田出身 36歳

5月26日号

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook