保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

「第1回 ちょい呑みフェスティバル」の実行委員長を務める 渡辺 紀行さん 峰岡町在住 39歳

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

伝えたい「和田町の魅力」

 ○…立ち飲みスタイルの焼き鳥店「麦わら屋」の店主として手腕を揮う傍ら、地元の企業経営者などで組織される「チーム和田町」のメンバーとして、商店街活性化などを目指した各種イベントの企画などに精力的に参画。今春から準備を進めてきた「ちょい呑みイベント」では参加店舗のリーダー役に就いた。「予想以上に多くのお店(32店舗)に参加して頂き、嬉しいですね」と、まずはホッとした表情をみせる。

 ○…和田町や近隣の飲食店をはしご酒で巡るこの企画は、地域の魅力を発信する絶好の機会。「各店舗の存在を知って頂き、常連になってもらえれば最高ですね」と抱負を語る。現在は委員長として、催しのポスター制作や各店で供されるメニューづくりの応談などに忙しい日々を過ごす。

 ○…他エリアの「ちょい呑み」イベントでは、出店者同士の情報共有にメールやLINEなどが多用されるケースが多い中、店主に説明するために電話や、直接足を運ぶスタイルが中心なのは、下町風情が残る和田町ならでは。「そんなアナログな感じが残る街だからこそ、店同士の『横のつながり』や『顔の見える関係づくり』には適しているんですよ」とニッコリ。

 ○…相模原でハンバーグ屋を繁盛させていた3年前、実家のある保土ケ谷区に帰省した際に、現在の場所に店を出す事を決意。現在では和田町の店舗一筋に。元々、仲間を集めて盛り上がる事や、サッカーが大好き。今回の「ちょい呑み」でも、横国大の学生の力を借りてパンフレットを作成したり、地元を拠点とするプロチーム・横浜FCとのコラボを実現させたりと、独自色を随所に打ち出している。また今回、実行委員長就任を機に地元への愛着が一層、増したそうで「自分自身、色々な発見がありますね」と嬉しそうな様子。1カ月半後の和田町エリアの飲食店では、どんな楽しい酒が酌み交わされるのか、今から楽しみだ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

溝川 花奈美さん

30回目を迎える宿場まつりで6代目宿場小町に選ばれた

溝川 花奈美さん

帷子町在住 28歳

12月5日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

岡沢町在住 57歳

11月21日号

半田 紗知子さん

あこや真珠の魅力を発信している日本雑貨(株)の代表取締役

半田 紗知子さん

常盤台在住 37歳

11月14日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月7日号

酒井 勇汰さん

横浜国立大学の大学祭「常盤祭」の実行委員長を務める

酒井 勇汰さん

経済学部3年 20歳

10月31日号

田村 眞佐子さん

25年間にわたり月見台東部自治会の会長を務める

田村 眞佐子さん

月見台在住 81歳

10月17日号

新井 爽月さん

「ありのまま育児法 6割出来たら満点。頑張りすぎない子育て法」を出版した

新井 爽月さん

釜台町在住

10月10日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク