保土ケ谷区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

(PR)

高齢者向け賃貸マンション「たちばな館」 「入居者は家族なんです」 主任コンシェルジュ・林廣子さんの思い

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える林さん
インタビューに答える林さん

 高齢者が新たな生活拠点として高齢者施設などへの移り替えを検討する上で、施設のハード面や提供サービス、立地などに加え、施設職員の人柄を挙げる人も多い。「老人ホームとは違い高齢者が集う集合住宅」という印象が強い岩間町のサービス付き高齢者住宅「たちばな館」で入居者の生活を温かく見守る主任コンシェルジュ・林廣子さんに話を聞いた。

 「いまは元気だが、いざ体調を崩した場合への『安心』と『安全』は確保しておきたい」「夫が他界し1人暮らしにはいまの家は広すぎた」といった多くの高齢者が暮らす同館。林さんと入居者が娘と親のように接する家庭的な雰囲気がとても印象的だ。

 「楽しく健康に過ごしてもらいたい」――。そう話す林さんの朝は8時前から始まる。施設に到着すると身支度を整え、入居者の安否確認をはじめる。「みなさんの声や表情から、ちょっとした変化を見逃さないように心掛けています。不安があったり悩みがあったりすることもありますからね」

愛情満ちる振舞い

 「家族なんです。ただそれだけですよ」。そんな思いを垣間見ることができるシーンに出くわした。入居者のひとりがデイサービスに出かける際、林さんは送迎車の運転手に「今日も一日宜しくお願いします」と声をかけた。「家族」としての温度感のある立居振る舞いだ。

 また、別の入居者が買い物に出かける時には「素敵なお洋服ね。ちょっと待って」と呼び止め、襟元に手をやり身なりを整えた。愛情に満ちたひとつ一つの動きに感動さえ覚える。

 この施設が選ばれる要素に相鉄線天王町駅、JR保土ヶ谷駅から徒歩圏にあり、周辺には医療施設や日常生活に必要なスーパーやなど日用品店が充実している立地に加え、林さんをはじめ、職員の人柄も大きな要素となっているのだろう。

今春からさらに充実

 同館では今春から運営母体のアルファ薬局との連携を強化する。薬剤師が月に1度程度来館し、入居者の健康相談などに応じるという。

 さらに週に1度程度の予定で、入居者が集う食事の機会を提供するという。現在は部屋で調理したり、外食したり、宅配サービスを利用しているが、将来的に施設内での食事提供を視野に入れた取組みで、入居者同士のコミュニケーションを図ることも目的のひとつだ。

4月2日に現地内覧会

 建物や居室の見学はもちろんのこと入居に関する個別相談にも応じる現地内覧会が4月2日(土)に行われる。参加費は無料。

 月に一度開かれているこの内覧会でも林さんらスタッフの温かさに触れ、入居を決める人も多いという。
 

デイサービスに出かける入居者を送る林さん
デイサービスに出かける入居者を送る林さん

たちばな館

横浜市保土ケ谷区岩間町1-7-14

TEL:050-3648-6994

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

弁護士らによる無料相談会

11月5日(木)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 横浜市社会福祉センター

10月29日号

英語を歌で楽しもう

感染防止対策徹底のもと

英語を歌で楽しもう

10月29日号

こどもタウンニュースよこはま版

腸活で「慢性便秘」を解消‼

【専門医師の無料講座】最新知見から学ぶ治療法 日本神経消化器病学会

腸活で「慢性便秘」を解消‼

11月22日(日)、会場講座とWEB講座から選択可能

10月29日号

横浜市 介護資格取得を支援

横浜市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を開催

10月22日号

1滴の血液で「がんリスク」を判定

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク