保土ケ谷区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

サッカーJ2横浜FC 悲願のJ1昇格へ船出 25日に三ツ沢でシーズン開幕

スポーツ

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
今シーズンを戦うチームメンバー
今シーズンを戦うチームメンバー

 川島町を拠点とするサッカーJ2「横浜FC」が2月25日(日)にホーム・ニッパツ三ツ沢球技場で2018年シーズンの開幕戦を迎える。2007年シーズン以来となるJ1昇格へ向け、元日本代表のMF松井大輔選手を獲得するなど積極的な補強を進めたチームは、11月まで42試合を戦い抜き「悲願達成」を目指す。

 昨シーズンは序盤こそ好調を維持し一時は首位を走り、J1昇格への希望が見えていた同チームだったが、中盤に入ると失速。勝ち点を伸ばすことができずJ1昇格プレーオフ進出を逃しシーズンを終えた。

 11年振りの昇格を見据えた今シーズン、チームは1月にフランスリーグなどで活躍した松井選手を獲得するなど積極的に戦力補強を進めた。入団発表で松井選手はかつてチームメイトだった三浦知良選手の存在を移籍理由のひとつに挙げ、「このチームでJ1に復帰することしか考えていない」とコメントした。

 チームは1月中旬から2月中旬にかけてベトナムと宮崎で合宿を実施。シーズン開幕へ向けチーム力アップを図った。

チーム創設20年

 1998年に「横浜フリューゲルス」が消滅し、翌年に誕生した横浜FCは今年20年の節目を迎える。

 発足当時、チームは立ち上がったものの所属選手はなく、スポーツダイレクターとして現在もチームに携わる奥寺康彦氏らが電話で呼びかけ15人の所属選手を確保したことで、協会にチームとして認められた。拠点がなく土のグラウンドを転々としながら下部リーグから船出した歴史を持つ。

 今シーズン、ユニフォームにはクラブ創設経緯の象徴として不死永遠のシンボルであるフェニックスをデザインした記念ロゴマークをあしらい試合に臨む。

主将は昨年に続き佐藤選手が就任

 今シーズン、チームをけん引する主将には昨シーズンに引き続きMF佐藤謙介選手が就任。在籍8年目を迎える同選手は「昨年果たすことができなかったJ1昇格という目標を達成できるよう、全力でチームを引っ張っていきたい。応援よろしくお願いします」とコメントしている。松本山雅FCを迎える25日の開幕戦は午後2時キックオフ。

入団発表でユニフォームを手にする松井大輔選手(右)と奥寺康彦スポーツダイレクター(左)
入団発表でユニフォームを手にする松井大輔選手(右)と奥寺康彦スポーツダイレクター(左)

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook