保土ケ谷区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

(PR)

猛暑の夏、体調管理に気を付けて-- 「レスパイト入院」という選択 介護疲れを防ぐ新たな医療サービス

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 例年よりも早く梅雨が明け記録的な暑さが続く今年の夏。いつも以上に体調管理に気を付けなければならない。

 「急性期病院や介護施設、在宅介護の総合的なバックアップ病院」としてこの春から「糖尿病外来」「緩和ケア外来」「整形外科外来」を開設するなど、診療体制の拡充を図った狩場町の丘の上に建つ育生会横浜病院(長堀優院長)にも7月に入り「熱中症」の症状を訴え受診する人が急激に増えているという。

 「食欲不振や体のだるさ、目まいといった熱中症の症状が見られたら医療機関を受診した方がよいでしょう。特に高齢者の方は暑さや喉の渇きを感じ取りにくくなります。最近は老々介護のケースも多く介護者が介護に集中しすぎてしまい自分の体調変化に気付かない、または我慢してしまうケースも増えています。我慢は禁物です」。同院の内科部門拡充に伴い6月から同院の内科部長に就いた今屋久俊医師はそう話す。

「頑張りすぎなくて良いんですよ」

 在宅介護などで同居者が日々の介護に疲れ、限界を超え、介護不能となることを予防することを目的とした「レスパイト入院」。同院では1、2週間を目安に患者を受け入れる体制を整えている。

 「病院での医療サービスなので、急変時などにはすぐに治療に移ることができます。医療版ショートステイといった具合ですね。旅行や介護者の体調が優れない時に利用されるケースも増えてきています。頑張りすぎなくて良いんですよ」と長堀院長は話す。

 猛暑の中での介護生活は体力と気力を奪われる。より良い介護を続けるには、時々、休息しリフレッシュすることが必要だ。

育生会横浜病院

横浜市保土ヶ谷区狩場町200-7

TEL:0457129921

http://ikuseikai-yokohama.com/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

国・県・市の連携で地域の課題解決

国・県・市の連携で地域の課題解決

立憲民主党 神奈川6区 保土ケ谷支部

1月21日号

弁護士らによる無料相談会

1月23日(土)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 横浜市西公会堂

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

「日曜法話会」開催

妙法院

「日曜法話会」開催

仏教に親しむ

1月7日号

「自己判断せず、治療は継続を」

「健康の第一歩は『健口』から」 保土ケ谷区歯科医師会

「自己判断せず、治療は継続を」

「歯科治療は不要不急ではありません」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク