保土ケ谷区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

健常・障害者のボッチャ合同チーム結成に尽力した上菅田特別支援学校の教諭 木下 学さん 38歳

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena

人生は人との出会いで決まる

 ○…「特に何かすごいことをやっているわけではないですし、一人の力では決してできないこと」。ボッチャを通して健常者と障害者の合同チーム結成に中心的な役割を果たすも、本人は提案を力強く後押ししてくれた校長をはじめ職場の同僚、日頃の仕事に向き合うことへの家族の理解に対し感謝の気持ちを示すなど、謙虚な人柄をうかがわせる。

 ○…特別支援学校の教諭に着任したのは今回が2度目。「子どもと接するのが好き」で大学時代は家庭教師や塾の先生などのアルバイトを行い、その後、当時何百倍もの倍率だった教員試験に合格。最初に配属されたのが特別支援学校だった。「当初どうすればいのか分からなかった」と悔しさで涙を流す日もあったが、そんな中救ってくれたのは生徒。「生徒と触れ合っていくうちに微細な表情の変化から相手の気持ちを読み取る大切さを学ばせてもらった。今後の教諭人生においてとても大切なこと」と今に通じる原点を振り返る。

 ○…大阪の高槻の生まれ。小学校まではサッカーに打ち込むも怪我の影響で中学入学時に部活をやめると友達とよく遊んでいたという。その影響で高校受験では費用のかかる高校に。「パートに行っていた母親がバスに乗らずに徒歩で帰宅しているのを見て心配をかけてしまった」と責任を感じ、高校では勉学に励んだ。それでも勉強が終われば「友達と遊んでいた」と友情も大切にしてきた。

 ○…「これまでの出会いはすべてが良いもの」と話し、「その中で得た経験、感謝を自身の力に変えていろいろな人が困っているときに助けたり、架け橋になれれば」とこれからの思いを話す。先入観に捉われず、生徒のため、周囲の人のためいろいろな考えをめぐらせ現場に立ち続ける。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

三浦 恒喜さん

創立70周年を迎えた桜ケ丘自治会の会長を務める

三浦 恒喜さん

桜ケ丘在住 71歳

6月20日号

新庄 茂さん

保土ケ谷少年補導員連絡会の会長を務める

新庄 茂さん

峰岡町在住 70歳

6月13日号

猪股 衛さん

保土ケ谷交通安全協会の事務長を務める

猪股 衛さん

川辺町在勤 65歳

6月6日号

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

55歳

5月30日号

縣 洋之さん

「みどりの愛護」功労者国交省表彰を受けた境木ふれあいの樹木運営委員会会長

縣 洋之さん

境木本町在住 75歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

糖尿病テーマに講座

保土ケ谷中央病院

糖尿病テーマに講座

24日、25日

6月24日~6月25日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク