保土ケ谷区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

紙面で振り返る2018年

社会

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 今年も残りわずか。タウンニュースでは今年も1年間、保土ケ谷区内の細やかな話題を数多く報じてきた。年内最後の発行となる今週号では、紙面を通じて保土ケ谷のこの1年を振り返ってみた。

◇1月

90周年カレー考案

 坂本小の児童が「区制90周年を祝うメニュー」で保土ケ谷産の野菜を使ったカレーを考案。コクがあってまろやかな味に仕上げた。

◇2月

保土ケ谷署が本部長賞

 長期間にわたり交通死亡事故を抑止したとして神奈川県警察本部長賞を受賞したことを受け祝賀会を開催。警察関係者や外郭団体の関係者およそ80人が参加し、死亡事故0へ新たな誓いを立てた。

◇3月

区の歌合唱団が10周年

 「区の歌『わがまち、保土ヶ谷』」と「交響詩 保土ヶ谷」を歌い継ぐために設立された「ほどがや区の歌合唱団」が、創立10周年を迎え、3月4日には記念公演を開催。

◇4月

ビル屋上に憩いの場誕生

 上星川商店会内に新築されたビルの屋上に憩いの場が完成。上星川地区の活性化を進める有志団体「FM上星川」が市の「ヨコハマ市民まち普請事業」の認定を受け、助成金を使い整備した。

◇5月

笹山保育園にみんなの食堂

 笹山保育園が「みんなの食堂」を開設。区内では7カ所目の開設となり、保育園を利用しての提供は区内では初の取り組み。

◇6月

新作紙芝居が完成

 区内の民話や昔話を題材に紙芝居を制作し、施設などで口演を行っている市民グループ「『ほどがや』えかたり〜べ」が21作目の紙芝居「帰りたかったご本尊」を完成。

◇7月

横浜FC、地域発展へ協定

 川島町に拠点を構えるサッカーJ2・横浜FCと保土ケ谷区、区連合町内会長連絡会、区商店街連合会が相互連携による地域発展を目的としたパートナーシップ協定締結。

◇8月

新井中吹奏楽が東関東大会

 新井中学校の吹奏楽部が8月9日に開かれた「神奈川県吹奏楽コンクール」で金賞を受賞し、創部以来初となる東関東大会への出場権を獲得。

◇9月

上菅田特別支援学校、旭区の中学校とボッチャ大会へ

 上菅田特別支援学校の初等部の児童と旭区の上白根中学校の生徒が、10月に開催される「ボッチャ」の神奈川県大会へ向け合同チームを結成し初練習を行った。

◇10月

ひきこもりの若者らに橋渡し

 区社会福祉協議会と青少年支援活動を行うNPO法人リロードがコンビニからの寄贈物品の保管・配分に関する協定を締結。

◇11月

相鉄上り線が高架化

 相鉄線の星川駅―天王町駅間の上り線が11月24日に高架化。式典には林文子横浜市長や菅義偉内閣官房長官らも駆けつけ、16年に及んだ高架化事業の完成を祝った。

◇12月

親子のフリースペース常設

 10年前から地域のボランティアが自治会館で自主運営を続けてきた狩場町の子育て支援フリースペース「マムマム」が、マンションの一室や商店街の空き店舗などで市民活動団体などが運営する事業を市が補助する「親と子のつどいの広場」として常設化された。スペース存続の危機をインターネット上で出資者を集う仕組み「クラウドファンディング」などを利用し乗り切った。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

街路灯 全24基を撤去

星川駅南側星和会

街路灯 全24基を撤去 社会

商店街での維持・管理難しく

1月21日号

味自慢、ズラリ

コロナ禍で売上6割減

味自慢、ズラリ 経済

18日から10店が出品

1月14日号

区内唯一の水田で稲作

ほどがや元気村

区内唯一の水田で稲作 社会

小学生対象に体験教室

1月14日号

「安全・安心な暮らし支える」

「安全・安心な暮らし支える」 社会

出口区長に聞く

1月7日号

区内2,017人が門出

成人式

区内2,017人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク