保土ケ谷区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

保土ケ谷地区ほっとなまちづくり実行委員長としてみんなの食堂開設に尽力した 高橋 景さん 狩場町在住 64歳

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

心を通わせより良い地域に

 ○…先月下旬に狩場町東部自治会館に開設した多世代が集まって交流する食堂「みんなでキッチン」。約100人が集まり、大盛況だった初日を振り返り「多くの人が集まって本当に嬉しかった」と安堵感を滲ませながら笑顔を浮かべる。一方で、「課題も出てくる。みんなの思いを汲み取りながら一つひとつ乗り越えていきたい」と次回開催の準備に向け、余念がない。

 ○…宮城県の出身。「農家の生まれで裕福ではなかったが、親戚が皆仲良く明るい家庭だった」と柔和な表情で話す。「印象的だった」と振り返るのは「これからの時代、何かに縛られるのではなく、自身の好きなように生きなさい」という親の言葉。「長男として生まれ、家業を継ぐのが当たり前の時代。先見の明があった」と、大学進学時に上京。勉学の傍らさまざまな同好会にも参加し、その時に得た経験や知識が人と対話するうえで引き出しとなり現在でも役立っているという。

 ○…「地域に貢献していきたい」という思いが芽生えたのは、30代から40代の頃。3人の子どものうち、1人が障がいを抱え、学校まで車で送り迎えをしていた。ある時体調を崩し、送り迎えが出来ない時、手を差し伸べたのは近所の住民だった。「仕事と子育てに追われ、住む地域に関心がなかった中で、とても温かいものを感じた。感謝しかない」

 ○…3月中には生活に困っている人を支える活動の立ち上げ準備を進めるなど、精力的に取り組んでいる。取り組む上で大切にしている思いは「心の財」。「顔を合わせて対話することで信頼が生まれ、友好につながっていく。互いに心を通わせることで、『あなたがいて良かった』と思われるような地域を目指したい」と将来に向けやりたいことへの思いが尽きない。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

新庄 茂さん

保土ケ谷少年補導員連絡会の会長を務める

新庄 茂さん

峰岡町在住 70歳

6月13日号

猪股 衛さん

保土ケ谷交通安全協会の事務長を務める

猪股 衛さん

川辺町在勤 65歳

6月6日号

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

55歳

5月30日号

縣 洋之さん

「みどりの愛護」功労者国交省表彰を受けた境木ふれあいの樹木運営委員会会長

縣 洋之さん

境木本町在住 75歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

62歳

4月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク