保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

保土ケ谷公園サッカー場 東京五輪の公式練習場に 使用チームは今後決定

スポーツ

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 花見台の県立保土ケ谷公園内にあるサッカー場=写真=が来年の東京五輪サッカー競技の公式練習場のひとつに選ばれた。使用期間は来年7月14日から8月8日までで、使用するチームは大会組織委員会などが今後決定するという。

 同公園は県内初の運動公園として1957年に供用が開始された。サッカー場は公園開園前の49年ごろに開場。1998年の「第53回国民体育大会」(かながわ・ゆめ国体)に合わせスタンドやピッチの整備など、大規模な改修が行われ、現在の形となった。

 2002年サッカーワールドカップ(W杯)日韓大会では、サブグラウンドとして整備され国際基準の芝生となり、オリバー・カーン選手が率い準優勝したドイツ代表チームが練習場として使用したことでも知られている。

 現在はなでしこリーグや大学リーグの公式戦などで使用されるほか、J2・横浜FCの練習場のひとつとなっている。

 県土整備局によると試合会場のひとつである横浜国際総合競技場の至近であることに加え、フィールドが天然芝であり、更衣室や駐車場などを備えているなどハード面でも評価を受け選定につながったという。

 今回の決定を受け、サッカー場の管理を行うサカタのタネグリーンサービス(株)の高橋優太さんは「とても嬉しく思う。来年の夏へ向け、プレーしやすいベストの状態に仕上げていきたい」と話している。

 使用期間中はサッカー場周辺エリアを含め一般利用が制限されるが、同時期に硬式野球場で開催される全国高校野球選手権神奈川大会への影響はないという。

 サッカー競技には女子12チーム・男子16チームが参加。7月22日から一次ラウンドが始まり、女子は8月7日、男子は8日にそれぞれ決勝戦が予定されている。
 

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

創立10年目、秋の関東制覇

横浜旭峰ポニー

創立10年目、秋の関東制覇 スポーツ

稲原湊登選手がMVP

12月12日号

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月12日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

暦挿絵に障害者の力作

偕恵いわまワークス

暦挿絵に障害者の力作 社会

テーマは「私の好きな人」

12月5日号

ボッチャの魅力発信

保土ヶ谷小4年1組

ボッチャの魅力発信 教育

PTA主催のイベントで体験会

11月28日号

J1復帰決まる

横浜FC

J1復帰決まる スポーツ

2007年以来13年ぶり

11月28日号

地域特性の坂道に着目

保土ケ谷区福祉保健課

地域特性の坂道に着目 社会

健康ウォーキングマップ刊行

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク