保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

保土ケ谷公園サッカー場 東京五輪の公式練習場に 使用チームは今後決定

スポーツ

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 花見台の県立保土ケ谷公園内にあるサッカー場=写真=が来年の東京五輪サッカー競技の公式練習場のひとつに選ばれた。使用期間は来年7月14日から8月8日までで、使用するチームは大会組織委員会などが今後決定するという。

 同公園は県内初の運動公園として1957年に供用が開始された。サッカー場は公園開園前の49年ごろに開場。1998年の「第53回国民体育大会」(かながわ・ゆめ国体)に合わせスタンドやピッチの整備など、大規模な改修が行われ、現在の形となった。

 2002年サッカーワールドカップ(W杯)日韓大会では、サブグラウンドとして整備され国際基準の芝生となり、オリバー・カーン選手が率い準優勝したドイツ代表チームが練習場として使用したことでも知られている。

 現在はなでしこリーグや大学リーグの公式戦などで使用されるほか、J2・横浜FCの練習場のひとつとなっている。

 県土整備局によると試合会場のひとつである横浜国際総合競技場の至近であることに加え、フィールドが天然芝であり、更衣室や駐車場などを備えているなどハード面でも評価を受け選定につながったという。

 今回の決定を受け、サッカー場の管理を行うサカタのタネグリーンサービス(株)の高橋優太さんは「とても嬉しく思う。来年の夏へ向け、プレーしやすいベストの状態に仕上げていきたい」と話している。

 使用期間中はサッカー場周辺エリアを含め一般利用が制限されるが、同時期に硬式野球場で開催される全国高校野球選手権神奈川大会への影響はないという。

 サッカー競技には女子12チーム・男子16チームが参加。7月22日から一次ラウンドが始まり、女子は8月7日、男子は8日にそれぞれ決勝戦が予定されている。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook