保土ケ谷区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】ニッパツ横浜FCシーガルズ チームグッズTシャツで選手がマスク手作り 売上金で新型コロナの医療従事者支援

社会

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
選手が1枚1枚手作りで仕上げる
選手が1枚1枚手作りで仕上げる

 女子サッカーチーム「ニッパツ横浜FCシーガルズ」が5月14日、新型コロナウイルス対策支援への寄付を目的に「選手手作りマスク基金」を設立すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために最前線で戦う医療従事者や感染拡大防止活動を行う人々を支援することを目的としたもので、オフィシャルクラブトップパートナーの武松商事(株)(中区・金森和哉代表取締役)に勤務する高村ちさと選手と小須田璃菜選手、山本珠優選手を中心に選手たちが、未使用のチームグッズTシャツを素材にマスクを製作。売上金を全額、新型コロナウイルス対策金として「一般社団法人戸塚区医師会」に寄付する。

 マスクは男性用(縦14センチ×幅10センチ)と女性・子ども用(縦13センチ×幅10センチ)の2サイズで、それぞれ100枚ずつ製作。クラブの公式オンラインショップ(https://yfcseagulls.thebase.in/)を窓口に1口1千円の寄付を募る形で受け付ける。

 小須田選手は「この企画を通して感染拡大予防活動を行っている方々への感謝の気持ちを強く感じ、私たち自身ができることを徹底していこうと思った。微力ではありますが、少しでも医療従事者の力になれれば幸いです。チームを応援していただいている皆さん、このマスクを着けてスタジアムで会いましょう」とコメントした。

製作中のマスクを手にする小須田選手
製作中のマスクを手にする小須田選手
チームグッズのTシャツを素材にしたマスク
チームグッズのTシャツを素材にしたマスク

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

南米の農村地を食支援

新型コロナ

南米の農村地を食支援 社会

横国大生らが協力呼びかけ

7月9日号

フェイスシールド寄贈

横浜保土ケ谷ライオンズクラブ

フェイスシールド寄贈 社会

商店街など7カ所に

7月9日号

医療体制拡充に56億円

医療体制拡充に56億円 政治

市、第2、3波に備え

7月2日号

「フリ丸印のぱん」開発

横浜FC

「フリ丸印のぱん」開発 社会

上星川のパン屋とタイアップ

7月2日号

ハチ被害 注意喚起

ハチ被害 注意喚起 社会

「巣を見つけたら区に相談を」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月3日16:09更新

  • 7月2日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク