保土ケ谷区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

常盤台地区連合町内会 会議をオンライン化 コロナ禍で若手が提案

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
ビデオ会議中の画面
ビデオ会議中の画面

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響から会議が開けないなど、各地の自治会・町内会活動にも影響を与える中、10の自治会から成る常盤台地区連合町内会(石川源七会長)が、5月末にビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い役員会を開いた。役員は年配者も多かったが、会議はスムーズに進行した。

 外出自粛要請が出て以降、離れた場所にいても顔を見ながら会話ができるWeb会議システムが、ビジネスでもプライベートシーンでも、頻繁に使われるようになった。同連合町内会では通常、常盤台地域ケアプラザで毎月、会議を開いていたが、3月末からケアプラが閉鎖されたことから会議の開催を自粛。今年度の定期総会と4月の役員会は3密を回避するため、書面で賛否を取る形をとった。

段階的に導入

 連合町内会では5年前にホームページを開設。この運営・管理は30代・40代の若手メンバーを中心とした広報部会が担当している。このメンバーが部会の打ち合わせをWeb会議システムを使い実施した。

 「ストレスなく実施できた」ことから、年配者も参加する執行役員会へのWeb会議導入にもチャレンジ。11人の執行役員に1週間かけて手持ちのパソコンやタブレット、スマートフォンで参加できるよう広報部会のメンバーが指導した。

 パソコンなどに不慣れな年配者も多いことから当初は「ハードルが高いかな」という懸念もあったというが、大きな障害もなく会議は比較的スムーズに進行。役員会でWeb会議を導入することも検討され、採用が決定した。

 ただ、ビデオ会議システムを無料で使用することができる時間が40分間に制限されているため、接続をし直す点に不具合を感じた広報部会メンバーから有料システムへ移行するための費用捻出について相談を受けた石川会長は採用を即決。体制を整えた。

短時間で終了

 試行的に進めらえれてきたオンライン会議導入へ向けた動きの中から年齢的なハードルが少なく、システムに精通し指導できる人材がいたこともあり、初めて開かれた役員会では30人近い人が参加。対面式の会議よりも短時間で終了した。

 石川会長は「こういった状況の中でも新年度を迎え、新しく自治会長を務める人も多く、顔が見える形で会議を開くことができたことは大きい。若い世代からの提案を柔軟に受け入れられる地域性があったことも大きい。これからも対面での会議とWeb会議を上手く使い分けながら地域の活性化につなげていきたい」と話した。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

環境行動賞を受賞

カーリットの森を守る市民の会

環境行動賞を受賞 社会

長年の活動が評価

10月22日号

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク