保土ケ谷区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

横浜FC 子ども支援でCF挑戦 2つの企画実現めざす

スポーツ

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
今回の取り組むCFのページ
今回の取り組むCFのページ

 川島町を拠点とするサッカーJ1・横浜FCが、子どもを支援することを目的にネット上で支援者を募るクラウドファンディング(CF)を立ち上げ賛同を呼びかけている。目標金額は100万円で9月11日まで募る支援金額に応じ、限定のオリジナルキャップや選手のサインが入った感謝状などが返礼品として用意されている。

 取り組みはJリーグの各チームがホームタウンの地域課題解決に取り組む社会連携事業「シャレン!」の一環。今回のプロジェクトでは支援金を利用し2つの企画実現をめざす。

 1つ目はクラブオフィシャルマスコット「フリ丸」の焼き印を使ったパンを販売し、売り上げの一部を貧困の状態などにある子どもたちに寄り添った活動を展開するNPO法人などを支援する「子どもの未来応援基金」へ寄付する。

 上星川の「バニヤンツリーベーカリー」との協働事業で、7月からすでに「フリ丸印のぱん」を同店などで販売。今後、新たな焼印が完成し次第、2店舗目の展開を予定している。

 2つ目は保土ケ谷区内を中心に子ども食堂を展開。選手と子どもたちがオンラインで交流する場を設ける計画だ。

 支援額は5千円から10万円までで、支援者には金額に応じ返礼品が贈られる。プロジェクトへ賛同し寄付を希望する場合は専用のウェブページ【URL】https://readyfor.jp/projects/yokohamaFC2020から。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook