保土ケ谷区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

野菜持寄品評会 苅部さんが県知事賞 地元名産「じゃがいも」で

社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
自慢のじゃがいもを手にする苅部さん
自慢のじゃがいもを手にする苅部さん

 JA横浜(横浜農業協同組合)主催の「野菜持寄品評会」がこのほど開催され、西谷町の苅部博之さんが育てたじゃがいものキタアカリが「神奈川県知事賞」を受賞した。

 品評会は、市内農家の栽培技術向上を目的に毎年夏に開催されているもの。今年は横浜市内全域から、じゃがいもやとうもろこし、にんじん、たまねぎなど330点の出品があった。

 苅部さんはキタアカリという品種のじゃがいもを出品した。品評会での審査のポイントは野菜の色味や艶、形など。じゃがいもは、表面に大小の丸い斑ができる「そうか病」が起こりやすいため、米ぬかや緑肥で対策をしながら「肌の良さ」にこだわって栽培したという。

 保土ケ谷区は、明治から昭和にかけてじゃがいもの種芋産地として全国的に名を馳せていた。苅部さんは「味はもちろん、見た目にも力を入れて育てた。地元の特産品でこのような評価をいただけたことは嬉しい」と話した。

地元の技術「誇り」

 苅部さんは江戸時代から続く農家の13代目。収穫した野菜は、相鉄線西谷駅近くの直売所「FRESCO」で販売する。

 「地域の農業を盛り上げよう」という思いから就農希望者を支援する「農業塾」・「百姓塾」や県内の若手農家グループ「神七(かなせぶん)」の代表を務め、後継者育成や地場野菜のPRなどにも取り組んでいる。

 苅部さんによると保土ケ谷区は品評会が市内一盛んなエリア。後継者率も高く、熱心な人が多い印象だという。「保土ケ谷は普段から、野菜の味と見た目が競われている地域。『どうすれば良いものを作れるか』とお互い刺激を受けながら磨かれた、地元農家の技術力には誇りがあります」と苅部さん。「地域のみなさんに、地元の美味しい野菜をもっと知ってもらえたら」と話した。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook