保土ケ谷区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

旧市民病院西病棟 宿泊療養施設が廃止 設備の改修必要で

社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症対策の「神奈川モデル」の一環として軽症・無症状者を受け入れてきた旧横浜市立市民病院(保土ケ谷区岡沢町)の西病棟に設置されていた「横浜市宿泊療養施設」が廃止された。

 昨春に神奈川区三ツ沢西町に新設された新病院に移転したことに伴い、旧病院は解体される予定だったが、コロナウイルスの感染拡大を受け西病棟の200床を活用する形で「宿泊療養施設」を開設。5月3日から無症状者や軽症者ら、比較的症状の軽い患者の受け入れを開始した。

3月末から受け入れ一時停止

 しかし病棟は築30年が経過し、老朽化した配管やボイラーなどにトラブルが相次ぐ中での運営を余儀なくされていたという。3月末から設備点検・改修調査のため新たな患者の受け入れを一時停止していた。

概算工事費20億円

 点検・調査の結果、宿泊療養施設として安全に再開するには全面的な設備改修が必要で、概算工事費として約20億円、設計から完成までに約3年の期間を要することが判明。市は施設を再開せず、廃止とすることを決めた。

 市健康福祉局によると旧市民病院内に設置された宿泊療養施設には、約11カ月間の開設期間中に、延べ848人が入所したという。

 今後、市内では「アパホテル横浜関内」「横浜伊勢佐木町ワシントンホテル」「新横浜国際ホテル」の3カ所で宿泊療養施設を運用。確保室数・床数は合計1056となった。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

近隣住民も対象に

横浜国立大ワクチン集団接種

近隣住民も対象に 社会

「余裕のある範囲内で」

9月2日号

「横浜とラグビー」一冊に

「横浜とラグビー」一冊に スポーツ

星川在住 長井勉さん

9月2日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook