保土ケ谷区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載7 法話箋 〜鹿苑〜 「大乗仏教と小乗仏教」

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 釈迦は何千回、何万回も生まれ変わり、その間に修行を続け、紀元前5世紀のインドに生(せい)を受けた時にやっと悟り、仏となりました。修行中の釈迦はまだ仏とは呼ばず、菩提薩埵(ぼだいさった)(略して菩薩(ぼさつ))と呼びます。菩薩は、菩提(ぼだい)(悟りのこと)を求めて修行をする人という意味です。最初期の仏教では、釈迦の前世のみを指して菩薩と呼びました。これは、「釈迦のみが仏になる資格がある。他の修行者はせいぜい仏の一歩手前のレベル止まりだ」という考えが根底にあったからです。この考えは、小乗仏教(しょうじょうぶっきょう)の立場です。

 そんな中、紀元前後頃「釈迦のみではなく、生きとし生けるものすべては釈迦のように仏になることができる」という考えが発生しました。これが大乗仏教(だいじょうぶっきょう)の主張です。誰しもが仏になる性質を持っているとする大乗思想(だいじょうしそう)は、沢山の人々の心に勇気と安心を与え、現代の日本仏教の軸にもなっているのです。

保土ケ谷区版のコラム最新6

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.456

ミルキーJr.モカのほどがや

「師走」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

12月2日号

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載8

法話箋 〜鹿苑〜

「一切皆成思想の変遷」

11月25日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【9】

横浜とシュウマイと私

「シュウマイ旅の美味しさ」

11月25日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.455

ミルキーJr.モカのほどがや

「運動していますか?」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

11月18日号

社会のニーズに柔軟に

社会のニーズに柔軟に

株式会社金原

11月4日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.454

ミルキーJr.モカのほどがや

「保土ケ谷の公園【2】」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

11月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook