保土ケ谷区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載8 法話箋 〜鹿苑〜 「一切皆成思想の変遷」

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 釈迦が入滅してから約500年間「成仏できる人は釈迦のみであり、それ以外の人々は仏の一歩手前までしかいけない」と考えられていました。しかし紀元前後頃、釈迦を信奉するある一部の人たちが「釈迦の本意では全ての生きとし生けるものは等しく成仏することができるのだ」と主張しだしました。この主張を一切皆成(いっさいかいじょう)と言います。

 これを言い換えれば、どんなに苦しい状況でも、辛い境遇でも、災難に見舞われても、確実にその状況は打開されて、穏やかな心持ち(成仏)を迎えることができる、ということになります。

 この考え方は、中国〜朝鮮半島〜日本へと受け継がれ、特に日本においては「私たちを取り巻く苦しみに満ちた現実の姿は、実はそのまま成仏の世界である」という思想に至るのです。これを

現実肯定思想(げんじつこうていしそう)と言います。

 世の中不安なことだらけですが、1人1人が日常生活を深めていくことに意味があるのでしょう。

保土ケ谷区版のコラム最新6

口腔ケアで免疫アップ

あなたの街の歯医者さんが教えます―

口腔ケアで免疫アップ

1月20日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.459

ミルキーJr.モカのほどがや

「白」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

1月20日号

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載10

法話箋 〜鹿苑〜

「十界(じゅっかい)と仏性(ぶっしょう)」

1月20日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【11】

横浜とシュウマイと私

シュウマイにも季節感

1月20日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.458

ミルキーJr.モカのほどがや

「松竹梅」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

1月6日号

「トラのつく動物たち」

「トラのつく動物たち」

金沢動物園 干支コラム

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook